YU KAWAI
作灯
河合 悠(かわい ゆう)
蝋燭を作っています。

TITLE  . . .

15027538_1689839281330116_6446555119477060804_n.jpg

ドキュメント映画の"よみがえりのレシピ"でも知られている
山形のアルケッチャーノ オーナーシェフ奥田政行さんが名古屋でスペシャルなキッチンライブを開かれます。
僕はディナーテーブルの灯りのしつらえをさせて頂きます。
エキサイティングな夜になりそうです。

11月22日(火) / 11月23日(水)

詳細はイベントホームページにてお問い合わせ下さい。

www.creative-nagoya.jp

TITLE  . . .

15069111_1694582480855796_8433577112195724433_o.jpg

15078647_1694582587522452_7680082025247781649_n.jpg

冬の鎌倉、喫茶ミンカにて西別府商店の西別府久幸さんと植物と灯りの展示会を開きます。

「森にはいり火を灯す」

喫茶ミンカ
12月3(土)- 12月21日(水)
open 11:30 - 17:30 
close 木金

西別府久幸 (植物)
河合悠(灯)

住所 神奈川県鎌倉市山之内377-2 
電話 0467-50-0221

12月2日と12月16日の2日間はワークショップを開きます。
詳細はこちらまで https://www.facebook.com/events/899902896812000/

12月21日は青木隼人さんとの演奏会を開きます。
西別府さんがつくる森のなか、灯りをたよりに音楽を奏でます。

- - -

今年をしめくくる内容になりそうです。



TITLE  . . .

14731376_1677467442567300_1714476368341295414_n.jpg

滋賀県 BASE FOR RESTさんにて青木隼人さん、中国茶の堀口一子さんと共に会を開きます。

音に灯す / 青木隼人ギター演奏会

ーーーーー

カラダを整える時間、窓から景色を眺める時間、家族と食卓を囲む時間、ひとり静かにいる時間。

青木さんの音楽はいつも暮らしに溶け込み、そっと寄り添うように、気持ちをホッとさせてくれます。

今回のライブでは優しいギターの音に灯りと香りが加わり、きっといつもよりさらに深く息を吸い込み、心が穏やかになっていくのを感じれるでしょう。

音、静けさ、灯り、安らぎ、全身の感覚を澄ましながら、心地よさを味わい、至福のひとときを皆様に過ごせてもらえたらないいなと思います。
いつも穏やかで、幸せな暮らしがそこにありますように...

ーーーーー

ギター演奏 / 青木隼人
作灯 / 河合悠
中国茶 / 茶絲道 堀口一子

2016年 11月 18日 金曜日
Open 18:00~
LIVE 19:00 ~

会場 BASE FOR REST

会費:¥3500(中国茶代含む)/ 定員30名 要予約

※時に静寂を共有する演奏会になります。お子様を連れてご参加希望のお客様はお子様が参加可能かどうかを十分ご検討いただき、ご参加くださいますようよろしくお願いします。

※会場内は板の間で冷えます。申し訳ありませんが、人数分の座布団等は今回ご用意できませんので、気になる方は各自ご持参ください。

青木さんのHP 
http://grainfield.net/aoki/

-- お申し込み --
・件名『11/18 青木隼人Live 音に灯す』
・お名前・連絡先(メールアドレス、電話番号)
・人数

-- 予約・お問合せ --
BASE FOR REST  080-5779-8113

〒527-0102 滋賀県東近江市平柳町568
平成の杜 ヘムスロイド村内
http://www.behoma.org/



TITLE  . . .

14650137_1681493365498041_3277308790090915493_n.jpg

14642225_1681493428831368_3390649783691913541_n.jpg

kamiyabakeryでの展示も残り一週間となりました。
10月29日までです、是非お運び下さい。
今年もこの場所で灯をお届けできる喜びを、ものを作るということを続けていくことの苦労を感じています。
苦労なんていうと諸先輩方に叱咤されそうですが、つくり続けるということのモチベーションをしっかり保ち続けるということは、常に脱皮を繰り返し、変化を外に求めるのではなく、自分自身にて代謝していかないといけないということでしょう。その変化を絶えず繰り返している人はいつお逢いしても軽やかに見えます。

先日ぼくの好きな画家、熊谷守一さんの記念館に行って来ました。
今の僕と同年代の頃の作品から、晩年の作品まで。
若い頃はいくつもの死と対峙されていました。
自画像を描くときも、目を薄目にして対象のあわいを描こうと挑んでいたようです。その暗く沈んだ若年の頃に比べ、晩年の作品の軽いこと軽いこと、額を抜けて飛んでいきそうな勢いだと思いました。死してなお、遺された作品のエネルギーによって今を生きる自分達に活力を注いでくれる。
きっとご本人は恐怖や喜びをそのままに受け止め、そのままに生きて死んだんだろうと勝手ながら想像してしまいます。
遺された作品を見ていると、その脱皮のかたちが見えてきます。

今の僕は薄目を開けて自画像を描いているような心境です。
ここからの自分との対峙は、目のまえにあること、起こることを、すべて味わいつくすしかないと思っています。

kamiya bakery / www.kamiyabakery.com




TITLE  . . .

14650742_1679268742387170_8307059810399990810_n.jpg

14711165_1679268359053875_114273354807580251_o.jpg

ヤシの葉っぱから摂れるワックスでロウソクを作りました。
通常のワックスと違い、油煙が出にくいという特徴に加え、
結晶時に独特の模様を描きながら固まってくため、水晶のような
光沢と、鉱物のような質感が生まれます。
火を灯した時の模様や、融け崩れていく時の砂糖細工のような姿は、
とても繊細で美しいものに仕上がりました。
食卓での時間や、ささやかなひと時を彩るものになれば、嬉しいです。
10月29日まで開催のkamiya bakeryでの展示にて販売しています。

kamiya bakery / www.kamiyabakery.com




  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11