YUKARI OHNO
Actress
大野 由加里(おおの ゆかり) 02/09 Type A
スタッフ気質のガテン系女優。裏方出身のため、現場の進行と空気を読みすぎて、プロデューサーや監督からの無理難題も引き受けてしまう性格。本人はどたばたラブコメ向きだと思ってるが、なぜか清楚で陰のある賢い美人系の役ばかりいただくため贅沢な悩みを抱えている。B級おバカ映画、荒木飛呂彦作品、三国志が大好き。2009.5~漫画家デビューも。

TITLE  打合せ後...の長い珍道中

関西営業。
実は、もう1つ、目的があったのです。

DM.jpg
これです。
吹きガラス工芸作家の島田真平さんの個展に行くためでした!!!

京都開催なんですけどね。
まあ、大阪まで行ったら京都はお隣だし、大阪の打合せを金曜か月曜にしていただいて、
土日のどちらかに個展を観に行こう!と思っていたのでした。


が。
京都に行くんだもん。
ご挨拶に寄らなきゃ〜♪♪♪

ってなわけで、プチ坂本龍馬ツアー決行!!

大阪での打合せが10時に終わったため、その足で京都へ向かうことに。
京阪電車に揺られること30分。
やってきました「中書島」駅!

「中書島」駅からまっすぐ歩くこと約徒歩5分。
左手に見えてきます。このちょうちんが。
寺田屋ちょうちん.jpgそうですよ!

寺田屋事件(寺田屋騒動)があった、京都伏見の...

寺田屋外観.jpg

薩摩藩士と坂本龍馬が定宿にしていた船宿「寺田屋」!!
やばい。
テンション上がる...!!!
外観見ただけなのに、涙出そうになるっ!(笑)

いや、ね。
京都には何度も行っているくせに「寺田屋」には来たこと無いの。
坂本龍馬好きとしては、これはお邪魔しておかねば!と思ったのよね。

ただ、当時、龍馬が通っていた「寺田屋」は鳥羽・伏見の戦いで焼失しているから、
現存している「寺田屋」はあくまでも再建されたもの。
柱には「弾痕」や「刀傷」がつけられているのだけど、これは再現されているだけ。
でもいいの。
「寺田屋」があった場所には間違いないんだもの。
龍馬とお龍が結ばれた「寺田屋」だもの!

そんなこんなで
他にも見るところはいっぱいあるにも関わらず、
坂本龍馬が愛用していた「梅の間」に滞在すること約1時間...(アホか
梅の間.jpg

だって!
「ここからこの景色眺めてたのかも〜」とか妄想し始めたらキリがなくなってっ!!
なんかもう、坂本龍馬と一緒にいる気さえしてきてっ!!!
龍馬の掛け軸見たら感極まって涙出てきたしっっ!!!

んでもって、この「梅の間」から噂の裏梯子が見えるしっ!!
裏梯子.jpg この階段の下がお風呂

この「梅の間」と「裏梯子」はねっ!
「寺田屋」へ龍馬暗殺に来た伏見奉行配下の捕り方にとっさに気付いた入浴中のお龍が、
全裸でこの階段を駆け上り龍馬に襲撃を知らせた...というエピソードがあるのよ。
このおかげで、龍馬は臨戦態勢が取れたのですよ!!
うはあ。
愛だわ〜♪ ロマンスだわ〜♪(●´Д`人´Д`●)♪
そんなロマンスもあったわけですが、
文久2年にあった寺田屋事件では、薩摩藩士が7名も死んでますからね。
※その4年後の慶応2年にあった2度目の寺田屋事件が龍馬襲撃
そんなわけで一人で盛り上がってました。勝手に(笑)
お盆休み(夏休み)だからなのか、訪れるお客様はみんな連合いなの。
なのに、30女が1人「梅の間」で号泣wwwwwwwwwwwwwwwwwwww

いいもん。
龍馬みたいな旦那みつけるもん。
ああっ!!
でも33歳で暗殺されて死ぬ!!それは嫌だ!!
>っつか、現代で暗殺されるってどんだけ裏社会で生きるつもりだww

さて、外に出てみましょう。
寺田屋の向かって右隣には、素敵なお庭があります。
寺田屋庭.jpg
紅白の百日紅がキレイでした。立派!
この庭に、当時の女将・お登勢が「お登勢大明神」として奉られてます(笑)
龍馬とお龍をくっつけたということで、恋愛成就のご利益があるとか...
え?
ワタシ?
もちろんお願いしてきましたよー。

あと、なんか面白い壷を発見。
占い.jpg

立て札、読める???
おみくじ引いて、この壷の中に浮かべると、
沈み方によって願い事の成就が早いか遅いかわかるっていう。
おみくじは「末吉 やがて叶う」だって。
なんか微妙だなー...
でも小銭をのせて...って、小銭、500円なら沈むの早いんじゃない?とか思いつつ。
お財布見たら、10円玉と100円玉と500円玉しかなかったので、
謙虚に10円玉のせて浮かべてみました。
意外と簡単に沈まないもんなのねー。
でも2分弱で沈みました。意外と早い方なんでないの??
でも小銭が1円玉だったらきっともっと遅いよね。
沈み方もそうだけど、「やがて叶う」だもんなあ。
そりゃ、努力してりゃ、いつかは叶うだろうよ(笑)

旅籠「寺田屋」には、「梅の間」以外のお部屋で、今も宿泊できるそうです。

あ。おまけです。
ホント、どーでもいいんだけど!ワタシだけが気になっただけなんだけど!
侘助.jpg
「寺田屋」の植木の椿の名前が「柳葉侘助」。
「わ...侘助(おじさん)...」と思わず写メに手が...(笑) <映画「サマーウォーズ」
ごっ...ごめんなさいっ!!!
大好きな龍馬の(定宿)前で他の男の人のこと考えました!!!>阿呆



さあ、移動しますよ!
いざ!お墓参りへ〜!!!>お墓参り大好きか>武蔵ツアーしかり



「伏見桃山」駅から京阪電車に揺られて「祇園四条」駅下車。
八坂神社方面へ歩き...
本当は八坂神社も行きたいし、円山公園にある龍馬の大きな銅像見たいんだけど、
今日はお墓なの!
どうしてもお墓参り行きたいの!!ってことで、ひとこと謝り、スルー。
時間があったら伺います!!ごめんさい!<円山公園と八坂神社

霊山護国神社には、維新志士たちのお墓があります。
近江屋で没した坂本龍馬と中岡慎太郎以外にも、
長州藩士の高杉晋作、木戸孝允(桂小五郎)や薩摩藩士、土佐藩士...その他
たくさんの方のお墓があります。

でもねえ。

ここへ行くまでの道のり、遠ッ!!

いつもなら遠くないであろう道のりが、とても遠く感じてしまうのは、
京都の夏のせい...そして、時間帯のせい...

上り坂を、猛暑の13〜15時までブラブラするのはやめましょう!!!
ホント、地獄です!!!
しかも睡眠不足で、しかも大量のお酒を飲んだ翌日とか...
もう、ホント、やめましょう!!!
危険です!

頭くらくらしながら、ペットボトル片手に
「龍馬のお墓に行くんだ〜」という想いのみで歩いてました。

坂道.jpg

これ。
どうよ?
わかる??
汗だくで登りきった坂の上から撮ったんだけども。
写メに太陽光がキラキラと降り注ぐぐらいの中、この坂道を登ってきたの!!
この坂を登り終えたと思ったら、お墓までは地獄の急階段が続きます。

婦女子 腐女子に対してこの仕打ち!
こ...殺す気かああ!!!

まあ、常に死と直面してきていた維新志士たちからの歓迎だろうな。
ちくしょう。
龍馬に会う為に、ワタシはこの階段を上りきってみせるわよっ!!!

一度も休憩をせずに上りきった先には...




龍馬様ァァァぁァあ!!
と、中岡あああ!!!<うわ。酷い。

ありました!
坂本龍馬と中岡慎太郎のお墓。
花束お供えしてきました。

坂本龍馬は高知の人だし、お墓いっぱいあるみたいだから、
宮本武蔵のお墓みたいに、故郷へ分骨してるのかと思ったんだけど、
本当に、この京都の霊山護国神社のお墓に納骨されているそうで。
いつものごとく、お墓はなんとなく撮影しちゃいけない気がして、
隣にあった碑と一緒に写メ撮りました。

お墓参り.jpg 大野、坂本龍馬、中岡慎太郎の3ショット!

見て!この顔!!
朝、打合せ用にしっかり化粧したにも関わらず、14時の時点で一切残っておらず!!
全部汗で流れてまったわっ!!!
日焼け止めもきっと流れた...ってぐらい顔は真っ赤でしょ?
Tシャツは白じゃなくてよかった!ってぐらいベトベトです。
きっと絞れました。

龍馬のお墓からはこんな景色が...
景色.jpg
京都市内を一望できます。
龍馬は大政奉還を終えてすぐ暗殺されちゃったから、その後の日本を知らないんだよねえ。
33歳で死ぬって、ワタシ、あと3年だよ。
龍馬は28歳から33歳までの5年間にめまぐるしく活動して日本に革命おこしたからね。
勝海舟に弟子入りしたり、薩長同盟とか、海援隊とか、船中八策とか。

日本は世界に比べてこんなに小さいのに、
国内でいがみ合ってる場合じゃないだろう!他国に乗っ取られるぞ!!!

って、ほんとにねえ。
それ今の日本にも言ってやりたいよー。
きっと維新志士のみんなで、日本の歴史を京都から見守ってるんだねえ。
...って、龍馬が毎日見ている景色を見て、また涙を流す30女wwwwwwwwwwwww
もはや涙なんだか汗なんだか!www
いや、もう、ほんとに、汗が止まらないんだってば(笑)

ひととおり維新志士たちのお墓をお参りした後、すぐに下山しようかと思ったのですが。
お墓の向い側に「霊山歴史館」なるものがありまして。
維新志士たちの肖像画、写真、遺品、遺墨など様々な展示がされているのですよ。

霊山歴史館.jpg

ちょ...なにコレ。
入ってすぐに勝海舟の船の経路とか。船動いとるし!!!!

坂本龍馬の手紙、肖像画、近江屋の再現模型、血染めの掛け軸、屏風とか...


また泣かせるおつもりですかーーーー!!


あと、新撰組とか、桂小五郎とか、高杉晋作とか、西郷隆盛とか...

ぐううっっ!!!
荒木飛呂彦先生までおるし!!!>それは土方歳三だ


っつか、何が驚いたかって、みんな身長低い...
もちろん推定なのだけど、
坂本龍馬が172cmって書いてあって、「あれえ?小さくない?」って思って。
おかしいなあ?
坂本龍馬って、大男って言われていたはずなのになあ?
と、思ったら、
高杉晋作が155cmって表示されてて!!!!
徳川慶喜が150cmって表示されてて!!!!


ちっさ!!


連れがいるわけでもないのに、ひとりで叫んでしまいましたよ。

当時の男子の平均身長は160cmぐらいだったのかもしれませんね。
そうなると、確かに172cmって背が高い方なのかもなあと思ったり。
とはいえ、西郷隆盛は180cmと表示されていたので、さらにデカい人もいたわけで...。

「霊山歴史館」はしっかり空調がきいていたので、汗はすっかり引きました。
汗を冷房で乾かすなんて風邪引くかも...



現時点で16時。
そろそろ個展に行かねば。

何よりワタシの身体がもたない(笑)
そんなわけで、円山公園と八坂神社はまたの機会に...(やっぱりね


しかし、「祇園四条」駅へ戻る道中に、不思議なお寺を発見!!!
安井金毘羅宮。

悪縁断つ.jpg

なっ...!!!
なにコレ!?? 妖怪毛羽毛現!?

一瞬、ひるんでしまったのは言うまでもありません。
「縁切り縁結び碑」というそうで、
悪い縁を切り、良縁を結んでくださるご利益があるとか!!!!

それはやらねば!!!!>心当たりがあるのか!(笑)

高さ1.5m、幅3mの石なんですけど、かなりの形代が貼ってあって、
本来の大きさよりもずっと大きくなっちゃってます。

まず、形代に願い事を書いて、碑の表(手前が表)から裏へ穴を通って悪縁を切り、
裏から表へ通って良縁を結び、最後に形代を碑に貼って祈願する...

(# ̄ー ̄#)ニヤ

やってきましたよ。ひとりなのに!
周りの人にめっちゃ見られながらも!!

うわー...あの子、失恋でもしたのかなあ。
そんなに縁を切りたい何かがあるのかなあ。
けっこう良い年っぽいけど、必死じゃない!?

とか、思われていたに違いありません!!!<どんな被害妄想だ
必要のない人とは、縁が切れるようですので、今後楽しみですね!(怖っ!)


寄り道してしまいましたけど、本来の目的地へ行きますよ!


道を歩いていると、
道路をはさんで真向かいにようやく「ギャラリーにしかわ」を発見。
しかし。
何でこんな賑やかなビルの合間にあるの?
しかもコンビニの前って??

没地.jpg

あるではないですか。
醤油屋・近江屋跡。
せっかく汗が引いたのに、また目から汗が出るかと思ったわい。

「中岡ぁ、わしゃ、脳をやられた...」

思い出し号泣゜゜・(/□\*)・゜゜・


お墓参りだけで満足してたのに、また寄り道してもーた。
写メ撮って、手を合わせたら、
横断歩道を渡り、「ギャラリーにしかわ」へ。
入口付近に、真平さん発見。
真平さんは、ワタシが階段を上るのを見つけて、扉を開いてくださいました。
何!?その紳士っぷり!!
好きになっちゃうのでやめてください!!<安っ

「こんにちは、覚えてま...すー...??」

真平さんは、最初はワタシのことが解らないご様子でしたが、
2ヶ月前に行った熊本の話をしたら、思い出してくださったようで。
展示作品を色々紹介してくださいました。

DMにもなっている器がお茶碗サイズなのにビックリしたり、
ガラスの色や形にときめいたり、
照明が可愛くてワタシのツボだったり(笑)<ギャラリーの照明もさり気なく作品だった!

何よりも、超可愛い&イイ色のグラスがあって、買おうかどうしようか迷ったのですが、
すみません...
何せ、極貧生活を送っているもので...
と、心の中で平謝りし、泣く泣くあきらめました。
すると...

「お腹、すいてませんか?ちょっとお茶しに行きませんか?」

ふと気付くと、プロデューサーさんとの打合せの朝食(フルーツ)から、
何も食べていないことに気付いたのでした!!
ああ!!
なんかもう、いろいろ興奮していて、お腹すいてない!!
お腹すいてないけど、真平さんとお茶したい!
ということで、
くずきり1.jpg くずきり。

京都の夏ですから。

くずきり2.jpg

白糖か黒糖につけて食べるため、どちらかが選べるのです。
黒糖好きだから、黒糖を選んだワタシですが。
※真平さんは白糖

が。

あまりの暑さと食欲のなさに、黒糖がクドい気がする(笑)
そしてなにより、何もつけないで、ただ冷えただけのくずきりが美味い気がする(笑)

暑さの中の空腹と疲れって恐ろしい...


「こっちの、食べてみますかー?」


ええ!?
い...いいんですか!?(ドキドキ
なんや、カップルのように白糖と黒糖交換して食べてみたり...

!!!

白糖ウマっ!!!

この暑さにはとてもサラッとしていて食べ易い...


「どっちが好きですか?」

「こ...こっちのが...(白糖)」

「じゃあ、僕がこっち(黒糖)食べますね」

「え!でも...」

「(黒糖も)美味しいのでいいですよ?」


何!?
何、この紳士ぶりーー!!!!!?????
ちょ、ちょっと!!
ホント、好きになっちゃうのでやめてください!!<またか!

やっぱり素敵な作品を創る方は、素敵な方なのですね〜 (●´艸`)ヾぬふふ


東京でもぜひ個展やっていただきたいです。
もっと色々な方に見ていただきたいもん。
真平さんの手作りのガラス作品は、本当に愛があるっていうか、あったかいんですよ。
荒んだ心があらわれる気がします。

いやあああ。
良いもん見たああ...<色々な意味で(笑)

「ギャラリーにしかわ」での個展は、残念ながら9日まででした。
真平さんの創作活動はしばらくお休みで、これから夏休みを取られるそうです。
めいっぱい夏休みを謳歌して、いろんなもの吸収して、
次の創作品をより素敵なものにしていただきたいです。
ワタシも負けないように頑張らなきゃ!!!

京都で1日めいっぱいイイもの吸収して、しすぎたので、
帰路の新幹線では眠ってしまうと思いきや、あまりの興奮と疲れで、眠れず。
そして8日の夜も眠れず。
気がついたら朝の5時...外は明るいし...
当初の予定では、9日も京都で遊ぶという計画だったのだけど。
か...帰ってきてよかった...<地震あったけど
9日に東京に戻ってきていたら、10日からのワタシ、機能してないし(笑)

9日がまだ日曜日でよかったです。
維新志士たちからもらった筋肉痛は、8日から出ました!!!
まだまだワタシも若いです!!>なんのこっちゃ
女優はまだまだこれからです!頑張ります!!!


※長々と読んでいただき、ありがとうございました。
 っつか、ほんとに長えっつの。(`ε´♯)

Comments

ご無沙汰してます!!

京都ではわざわざ足を運んでくださってありがとうございました。

ブログ長がっ!!!
あんな暑い日、僕に会うまでにこんなにいろんな所を回ってきたんですね~
行動派というか?情熱家というか?すごいですね。
どおりで汗だくだったんですね。
一緒に食べた葛切りもおいしかったですね。

東京展やってみたいですね~
まずはギャラリーまわりに近々行きたいと思っています。
ではまた!!

>peipei3サマ
ご無沙汰しております〜!その節はお世話になりました!
ブログも長々とお付き合い、ありがとうございます(笑)

行動派というか、情熱家というか…いや…ただのアホなんです…

東京にお越しの際は、ぜひ、お声かけてくださいねっ☆