YUKARI OHNO
Actress
大野 由加里(おおの ゆかり) 02/09 Type A
スタッフ気質のガテン系女優。裏方出身のため、現場の進行と空気を読みすぎて、プロデューサーや監督からの無理難題も引き受けてしまう性格。本人はどたばたラブコメ向きだと思ってるが、なぜか清楚で陰のある賢い美人系の役ばかりいただくため贅沢な悩みを抱えている。B級おバカ映画、荒木飛呂彦作品、三国志が大好き。2009.5~漫画家デビューも。

2011年3月アーカイブ

TITLE  たたかえ!

昨日(3月30日)に、
石川優吾さんの漫画『スプライト』5巻が発売しました。
面白いです。
「時間の津波」に飲み込まれ、この時代を今、どう生きるか?って話。

津波に飲み込まれる話題がタイムリーだなんて言うと、
不謹慎だとか言われるけども、
そういうんじゃないです。
『スプライト』も結構シビアな話です。
漫画だし、まず起こり得ないことなんだけど、
どこか重ねてしまうというか。


漫画中のセリフで、

「戦わないヤツは死人と同じだ!」

って子供が言うの。
もちろん、漫画の中では本当に戦いが起きていて、
殺らなきゃ自分が殺される...という、まさに戦争なのだけど、
人を殺すあの戦争だけでなくて、
現代でもいろいろな意味で、いろいろな業界で、日常で、

"戦争"

がおこってて、
やっぱりそこで戦わないと生き残れないわけで。
戦う勇気、踏み出す勇気って必要だなと。
行動を起こせば、何か結果が生まれるんだもん。

何もしないで口ばっかりじゃ、戦ってるとは言えないし、
ましてやスタートラインにも立ってないと思う。

まず、スタートラインに立つ勇気。
問題と向き合う勇気。
それも行動だと思う。



動ける人が動かなくてどうすんの!!!

被災地の人なんて、動きたくても動けないのに!!!


何が不謹慎なのよう!


お花見やったら、
花より団子で盛り上がったら、お酒や食べ物が売れるし
憂さも晴れるから、明日の仕事がはかどるかもしれないし!

プールや海でイベントすれば、水着が売れるし、
花火大会開催すれば、浴衣が売れるし、
水着や浴衣のお姉ちゃん見ては盛り上がって、お酒や食べ物が売れるし、
なんだか夏の恋とか始まっちゃいそうで、明日の仕事がはかどるかもしれないし!


動ける人が経済まわしてかなくてどうすんだっつーの!!!!




まずはお花見で盛り上がる勇気!!wwwwwwwwwww

これ必要。




TITLE  イタリアン

20110328170444.jpg

新潟っ子のソウルフードらしいです。
イタリアン。

名古屋っ子のソウルフードと言えば、
スガキヤ?みたいな。

若者でもお小遣いで食べれちゃうイタリアン(笑)

イタリア料理の意味のイタリアンじゃなくて、
この食べ物の名前が「イタリアン」。

簡単に言うと、焼きそばにスパゲティのミートソースかけちゃった感じ。
なんで焼きそばにミートソースかけちゃうかなぁ?(笑)

そんなわけで、
カレーをかけたカレーイタリアン
ホワイトソースをかけたホワイトイタリアン
そぼろ肉の多いボロニア風イタリアン
...などなどいろいろあります。
なんでもアリなイタリアンです。

一瞬、不思議な味がしますが、食べ出すとハマります。

ぜひお試しを( ´艸`)

携帯、新品同様になって戻ってきたのです




「が」、




MicroSDが読み込めませんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

なぜゆえにー!!!???



docomoで担当をしてくれたお姉さんが、
修理に出す前の注意としておっしゃっていたのですが、

「別の機種でMicroSDを読み込み続けていると、
 元の機種に戻したときにフォーマットが変わってしまって、
 読み込めないことがあるんですよ。
 だから、アドレス帳を移したら、抜いて保管しておきますね。」


これか!
これなのか!!


っていうか、一瞬じゃん!!!
元の機種のデータをMicroSDに入れて、
代替機へアドレス帳だけコピーしただけじゃん!!!!
それなのに、
保存した画像も、データも全部読み込めなくなってるってどゆこと!!??






ということで。
MicroSDを直接PCにつないで、>その交換機がどこにいったやら!
1月の撮影のアレとか、「LIFEwork10号」の体験記のソレとか載せますので、
もうちょっとばかしお待ちくださいませ。

もー。
踏んだり蹴ったりだな。


最近、放射性物質に汚染された植物や動物(人間も含む)、
水や空気の話題が絶えませんよね。
福島のまわりはもちろんのこと、関東圏も空気や水が、結構深刻なようです。

最近思うことなのですが、

この放射性物質の問題は、もしかすると、
地球が、戦争でない形で、原爆の恐ろしさを知らしめているのかもな...と。
"地球が"なんていうと、
「地球を擬人化するなんてマンガの読みすぎだ!」
と、思われるかもしれないですが、
(まあ、そうなんですがw)
地震は地球=自然が起こした現象です。
地球が人間に「忘れるな」ということを教えているというか...
そんな気がしてならないのです。
もちろん今回は原爆ではないですけどね。

戦争が終わった1945年から今年で66年ですから、
実際に戦争を体験されている方は、かなり少なくなっています。
ワタシももちろん、祖父母や両親から聴いたり、
学校で教わったり、自分で調べたりしたことしか知りません。

放射性物質は恐ろしいものということや、
大量に浴びると人体に影響があることは知っていますが、
原爆によって被曝された方や、その惨劇を実際に見たことがありません。

今回の3.11に起きた地震や津波のように、
人間は、実際に体験しないと、本当の怖さを思い知らないと思うんです。

そういう意味では、
原子力の力や影響、
放射性物質に関する正しい情報など、
改めて、きちんと考え、知る時が来たのではないかと思います。
本当のことを知らないから、
様々な情報に踊らされてしまうのではないかと思うんです。

そして、ワタシたちも、今起きている現実を見てみぬふりをせず、
後世に伝えていかなくてはならないのだと思います。



ま。



あくまでも、ワタシが最近、勝手に思ってることですけどねwww



TITLE  新たに!

地震の前日に壊れた携帯が、修理から戻ってきました!

中身から外壁までしっかり直っちゃうとのことで、
新しいスマートフォン的な何かには変更せず、そのままFOMAを使用です(笑)


代替機をようやく使いこなせるようになったと思ったら、
元の携帯に戻ったのがなんとも(笑)
しかも新品すぎてボタンとか固いのwww
これからまたしばらく愛用します。

というわけで、しばらくスマートフォンではないアナログまっしぐらな大野です。

TITLE  足が震える

23区は計画停電から外れてるって(一部の区は入っているけど)、
なんだか不公平な感じがするのだけど、
重要なところや放送局とかもあったりするから、仕方ないのかな。


昨日から数えて、
3日以内にM6.0くらいの大きな余震が来る確立が70%
3日以降の確立は50%

もうね、地震が来ないことを祈るしかないんだけども。




テレビのNHKをつけていると「緊急地震速報」が入るでしょう?
それが携帯にも入るのだけど、
ホント、なんていうか、
本当に震源地そばだと、速報が入ると同時に揺れるの。

「大きな揺れが来るおそれがあります。ご注意ください」

ってアナウンスが入るんだけど、もう、揺れてんの。
「緊急地震速報」が入らないよりも入ったほうがありがたいんだけど、
遠くても、近くても、
ほぼ99.9%で「緊急地震速報」が入ると揺れるの。

怖い。

正直、怖い。


震度2~3の余震ごときで足の震えが止まらないのですよ。
ワタシ。



たくさんの人と一緒にいれば、誰かと話していれば、気がまぎれる気がして、
なるべく日常と同じようにして、同じように気丈に振舞っているけれど、
実は怖くて仕方ないのですよ。

弱い。弱いなあ。


でも、
もしも、
東京直下型でM6.0の地震が来たら、東京湾だって津波起こるんですよ。
宮城の津波が東京でだってありえるのだもの。

冷静にそゆこと考えてしまうから、なおのこと。

頑張れ。
弱い自分、頑張れ。

仙台、宮城、福島の人たち、めげないで。
どうぞ気をしっかり持って耐えてください。
日本全土で頑張っています。
だから、あと少しだけ。

電気使えないんだもん。

防寒対策なんてしてる間もなく逃げたでしょう。
寒いと思います!

食料だってあったかいの食べれません!

今や携帯が当たり前の時代。
「無事だ」の連絡したくても、
携帯の電池が切れてたら、電話番号だってわからない!

なにかできないかなあ。

自分が被災者になって、今、何が一番必要なのかがわかる。

自分よりも大変な思いをしている人たちに、なにかできないかなあ。

募金しかできないのかなあ。


東京だって、未だに余震が続いているし、
一般人がむやみやたらに動いたって迷惑なだけだもの。

自衛隊のみなさん、ハイパーレスキューのみなさん。
どうかどうか宜しくお願いします。
ひとりでも多くの命を救ってください。
どうか宜しくお願いします。

TITLE  ちょっと!

原発、爆発した!!

職場も国も...
どいつもこいつも、いい大人が言い訳と弁解ばっかりしやがって!!

現状報告も大事だけど、

現実見つめて「これからどうするか」ってのが大事だろが!!!



TITLE  人と人

東京から、大野です!

ワタシは昨日、職場ではなく、自宅で一人、震災を体験しました。
本当に怖かったです。

時間が14:46だったので、いつもなら会社にいる時間。
きっと、みなさんも職場で、人が多い場所で体感されたことでしょう。
それが、どういう運命か、ワタシは、
自宅があるマンションの「各部屋のアンペア点検」というもので、
会社を早退していました。
14:00に。
自宅に着いたのは14:30。
よーし、お昼でも食べるか!
なんてほっと一息つこうと思っていた時に地震は起こりました。

東京23区は震度5強。

たぶん、ワタシの住んでいる部屋は13Fなので、震度6ぐらいに感じたのでしょう。
部屋の扉という扉(ふすまやマグネット式の棚の扉)が開き、
中から本やら食器やらが飛び出し、割れました。
扉のない棚からは飾ってあるものが全部落ちて壊れました。
姿見が倒れて鏡が割れて破片が飛び散りました。
デジタル化対応テレビやパソコンのモニタも倒れました。
(ブラウン管テレビだったら大丈夫だったのでしょうが)
自分は、逃げ道を確保するのにせいいっぱい。
あとは地震がおさまるのを待つばかり。


それから15時台に震度4ほどの地震が何度続いたでしょうか。。。。。

もちろん、携帯もつながりません。

仙台や福島にくらべたら、
東京は本当に大した事ないのだけれど、
それでも、何もできずに、部屋がめちゃくちゃになっていく様を
ただただ見ているだけの自分は、なんとも空しく、
余震の恐怖に耐えながら、
できるだけ自分の心が落ち着くよう、冷静になれるよう、
部屋を片付けました。
怖くて涙が出そうだったけど、泣いていたって始まらないし、
次の余震が大きなものでないよう祈りながら、
万が一に備えて、逃げる準備をしました。

携帯がつながるようになってから、一気にメールや電話が入り、
みんなの安否を確認できるとともに、
自分の無事も報告し、

ようやくテレビをつけることができたのが、20時頃でした。

仙台、福島の地獄絵図に驚愕しました。

自然の力に、自分の無力さを思い切り感じました。




今回、心から思ったのは、やっぱり「人と人」。
職場で震災にあった人と部屋に一人でいたワタシとの恐怖の違い。
メールで安否を確認した友人たちは、けっこう、みんな、けろっとしてるんです。
でもワタシの心は、他人を気遣うどころじゃなかったし、
「いつまた起こるかわからないのに、なんでそんなに平気なの?」
とか思ったりもしました。

誰かがそばにいること、誰もそばにいないことで、
こんなに恐怖感が変わるのだなと思いました。

電話でも、メールでも、誰かとつながっていることで、
こんなに恐怖が和らぐのだなと思いました。

ワタシは、昨日ほど、知らない人と話をした日はありません(笑)
昨日ほど、人の優しさを痛感した日はありません。
13Fに人でいるのが怖くて、
夜の23時まで1Fの管理人室で管理人さんに一緒にいていただいたり、
ほかの階の奥様方からおにぎりもらって、
「そういや、今日一日、何も食べてないや」と改めて思ったり。



東京は...というか、東日本は、未だに余震が続いています。
もはや震度1~2ぐらいの余震はテレビで「地震速報」として出ません。
※震度3でやっと地震速報が出ます
ワタシがこの日記を書いている間にも、何度が余震がありました。

しかも原発問題も出てきているし...

レスキューの人たちも自衛隊のひとたちも、
アナウンサーの方々なんかニュース読みっぱなしだし、
みんな大変だし頑張ってる。
被災地の人たちだって辛い。

今のワタシはキレイ事なんて言えないけど、
それでも、思うことは、
何もしなくてもいいから、誰でもいいから、そばにいること。
知らない人でも声をかけること。
一人でいないことがどれだけ心強いか。

本当にピンチになったときは、他人を気遣っていると自分も死にます。
もちろん自分の命が優先だけど、一人じゃない人は、離れないこと。

どうか。
どうか一人でも多くの人が生きていられますように。

TITLE  報告!

まだまだ大きな余震が続いています!
みなさん、ひとまず、自分の命を大切に。

19:00現在、ひとまず大野は生きてます!!

1  2