YUKARI OHNO
Actress
大野 由加里(おおの ゆかり) 02/09 Type A
スタッフ気質のガテン系女優。裏方出身のため、現場の進行と空気を読みすぎて、プロデューサーや監督からの無理難題も引き受けてしまう性格。本人はどたばたラブコメ向きだと思ってるが、なぜか清楚で陰のある賢い美人系の役ばかりいただくため贅沢な悩みを抱えている。B級おバカ映画、荒木飛呂彦作品、三国志が大好き。2009.5~漫画家デビューも。

2012年2月アーカイブ

TITLE  2人芝居


今日は島敏光さんからお誘いいただき、


を観劇してきました!

20120225151118.jpg
※雨だったので、湿気で、会場外のポスターがよれてますww


2人芝居を観るのは初めてでしたが、
さすがベテラン俳優さん方の舞台です。
無言の時間が、"背中で語る" じゃないですが、
ちゃんと "伝えたい何か" を醸し出しているんですよね。
これは、どれだけ上手い役者だったとしても、
若手にはできない空気です。素敵。
今は今なりの人生経験ですから無理でしょうが、
ワタシも、先々は、こういう空気を出せるおばあちゃん役者でありたいです。

物語は、結婚して5年の夫婦の家に、義父(嫁の父)が訪ねて来るお話。

嫁は看護士主任に昇格し多忙を極め、
あまり家に帰ってこず、家事はほとんどしない。
そんな嫁に対して婿は何も言わず、夫婦ルールに大人しく従い、
部屋ではルール通りパジャマで生活する日常。
そんな状況を知ってしまった、義父が激怒。

「ウチの娘はもっとキチンとしているはずだ!そう躾けた!
 こうなったのも、全ては婿のオマエがしっかりしていないからだ!」

「これは僕達夫婦のルールです!お義父さんには関係ありません!」

娘の思いがけない一面を知ってしまった、父の寂しさと不安。
婿と2人で過ごして始めて知った事実と、婿への嫉妬と安堵。
娘と婿の生活から想い出す、亡き妻との生活。

義父が漬けた"白菜の漬物"を、2人で食べるラストシーンは
何とも言えない哀愁がただよい印象的でした。


作/演出を平岩モトイさんが担当されているそうです。
次回作も楽しみです。

今回も大変お勉強になりました。
島さん、よい機会をありがとうございました。


stage25107_1.jpg


観て来ました!

ワタシは、昨年ご一緒させていただいた
渡辺克己さんがご出演されていたということで観に行ったのですが、


なんだろなー。
33歳のワタシでもぐっときて泣けたなー。


主役は43歳の男女で、
受験も関係ない高2の彼らが17歳の青春を思い出しながら、
今の43歳の自分達を見つめなおす...というか。
その年代にはツボなネタが満載なのだけど、
10歳年下のワタシでも、かすったネタは満載。
恋人がいたって、
携帯がないから、家電にかけたり、>ポケベル持ってても家電
友達に冷やかされるのが嫌でどこかで待ち合わせたり。
歌謡曲も松田聖子さんとか、キョンキョンとか、中森明菜さんとか、
レベッカとか、TOM★CATとか、C-C-Bとか...知ってるやついっぱいだったよー!

あの時は無我夢中で出来ていたことが、
大人になった今では、なぜか、できなくなっているってことがたくさん。

確かにワタシが10代の頃は、
30歳過ぎたらもう結婚してて、恋愛なんてなくなって落ち着いて...
なんて思ってたけど、実際、30過ぎたって、
10代と変わらない気持ちで恋愛してたりして...

別に大人だからって、恥ずかしがることなんてないし、
言っちゃいけないことなんてないし、
相手に対して「分かってて当たり前」なんて、カッコつけることなんてない。

でも、なぜか。

それらを "当たり前" としていて、言葉にしないのが30歳すぎてから。


どこがスキとか、何をもって一緒にいるとか、
付き合うとか、傍にいる理由とか。
口に出さなくてもわかるとか思ってるけど、
年齢重ねたって、口に出さなきゃわからないこともたくさんあって、
話し合ってようやく分かり合えたりするもので。

そんな話が、この『スイートメモリーズ』。

2人で困難を乗り越えたりすると、
よりいっそう仲良くなれたりするのは当たり前なので、
題材としてはズルイっちゃズルイのだけど(笑)
身近な話がとても身に沁みました。
涙の出るシーンはたっくさんありました。

それから、
やっぱり河合美智子さんは可愛い!!!
格段に存在感を放ってたし、声も通ってて、創作する空気が違う。
素敵な女優さんだなーと思いました。

あと、個人的には、田中しげ美さんがツボでした。
まあ、『魁!男塾』好きとしては、仕方ないところだと思います。
ロン毛で短ランで応援団ってだけで、もうキュンキュン!

今日は念願かなって、島さんとGOTOOです!

昨年の舞台『タイム・リビジョン』の時に、
プロデューサーの島さんが、ワタシとご近所さんだったことが発覚し、


「JR大塚駅のそばに、美味しい洋食屋があるんだよ」
「そこのチーフシェフの結婚式の司会は、僕がしたんだよ」


なーんてお話を伺っていて、
舞台終わったら、ゆっくり食べに行こうね!
とお約束をしていたのです。
約束は守る男!
さすが島敏光です!!素敵!


ということで、行ってきましたGOTOO!
※もちろんシェフのお名前は後藤さんです。

島さんのオススメは、
ハンバーグ、豚のしょうが焼き、牡蠣フライの3点!
と、昨日から前情報をいただいていたので、
もう、ワタシの頭は昨日から


豚のしょうが焼き 一色!!!


もちろん豚のしょうが焼きをオーダーです。
でも、今の時期は絶対オススメ!ってことで、牡蠣フライはみんなで分けることに♪

20120215183100.jpg

ぐぬおおおおおおおおお!!
ウマ!!!
肉厚でジューシーなしょうが焼き!!
ふわっふわな牡蠣フライ!!

あゆちゃんが食べたグリルチキンの柔らかさもハンパないね!!
岩田さんが食べたハンバーグもうまうまな肉汁じゅわわ~だし!

ワタシは普段、夜はあまりゴハンを食べないのですが、
もうね。
今日は食べたね。
っていうか、お腹にやすやすと入ってしまうよね。
いやあ驚いた...
本当に美味しいものってお腹が苦しくならずに食べられるんだね。
むしろもっと食べたいと思ってしまうよね。


そして。


オチは、島さんからの韓国土産wwwwwwwww

20120215190400.jpg @Cafe gotoo

ブランド品の靴下です!!w
上から、
エルメス(男性用)
グッチ
シャネル
ヴィトン

島さんが「凄いでしょ?」ってネタとしてお土産にくれました。
ありがとうございます!
ブランド品の靴下とか持ってないんで超嬉しいです!!!wwwwww

今日のゴハンは笑いがいっぱい!
GOTOOもまた行こうっと!



2月10日(金)は、
ワタシの大好きな脚本家・園田英樹さんが、
東放学園高等専修学校9期生の卒業公演で
脚本&演出を担当されているということで、観に行ってきました!

卒業公演だから、2回しか公演はなかったのだけど、
フレッシュなパワーを存分に浴びてきました。

東放学園って、芸能の専門学校なのね。
ワタシ、初めて知りました...
みんな、中学卒業して、「ここへ入る!」ってことは、
本当に その道 を目指している子たちばっかりなんだよね。
ワタシとはキャリアが全然違うんだなー。

物語のあらすじは、
震災が起こったせいで、オーディション会場の地下に
閉じ込められちゃったアイドル候補生(女子高校生)達が、
パラレルワールドの異世界で、
異世界と地球を救うために歌って踊ってバトルもしちゃう!
そんなお話。

脚本は園田節全開!って気がするなあ。
次の展開が読めた、ってワケじゃないけど、
「そうそう!これこれ!」って、思いながら園田ワールドを楽しみました。
たぶん、これがアニメだったら、物語の伏線からどんどん広げて行くんだろうけど、
いかんせん舞台だからね。
長くても2時間半までにまとめないといけないでしょ。

しかも、歌が10曲近く入ってるの。>出演者が歌って踊る
まあ、言うたらミュージカル風みたいな。>あくまでも「風」

園田さんの何が凄いかって、
この科には、卒業生たちが代々作ってきた「歌」ってのが存在していて、
(芸能学校だかんね!)
その歌をストーリーに組み込みたいということになったそうで。
普通なら、シーンに関係ない歌とか無理矢理入れて歌っちゃう...
みたいな脚本(演出)になりそうなのに、とてもナチュラルに、
そのシーンにぴったりの歌が当てはめられていて、

既存の歌を、物語に組み込むなんて(話をまとめるの)難しいだろうに、
上手いこと仕上げてあるなあ...さすが園田さんだなあ...

と、もう、ひたすら感心というか、尊敬というか...。
ますますファンになりましたね。
いやもう、お世辞抜きで。
上演後、園田さんとゴハンへ行ってこの裏話を聴いていなかったら、
「この舞台のために書き下ろされた歌なんでしょ」
って思ってたかも。>1曲だけ書き下ろしがあるけど

いやー...本当に。
園田さんの脚本で卒業公演とか、超贅沢だわ。
東放学園9期生のみんな、マジ羨ましい!

20120210211458.jpg

客出しをしている出演者のみなさん。>隠し撮り
卒業公演だから...みんな16、17歳だよ!
若っ!!


20120210211105.jpg

園田さんと!
上演後、一緒に写真を撮っていただきました。
「めっちゃ疲れてませんか?」と聴いたら、
「ええ?そうお?」っておっしゃってたけど、絶対疲れてますよ!この顔(笑)

それもそのはず。
この舞台、脚本の読み合わせやキャスティング含め、
稽古をスタートしたのは1月10日から。
つまり、本番まで1ヶ月で全て行ったってこと!!!

歌って、踊って、お芝居して...全部で1ヶ月。

しかも、みんな授業とかあるから、
放課後の1時間半とか、昼休みにちょこっと集まったりとか、
土日に出てきて練習してたんだって。

これはね...
若くないとできないよ!!マジで。

この公演はすでに終わってしまったので、
動いてる姿が観たい方は、
YouTubeに練習風景や予告編があるので、見てみてください。
将来、この子たちがテレビで活躍しているかもしれませんから!!


ワタシも負けずに頑張らなきゃなー。


ちなみに、園田さんは、5月に舞台の脚本・演出をされるそうです。
5月24日~27日@荻窪かいホール
『(タイトル未定)』

本当はこの舞台に出たかったんだけど、今回は断念。
園田さんも「出てよ~」っておっしゃってくださっているので、
お言葉に甘えて、来年は絶対に園田さんの舞台に出させてもらおうっと!
えへへ。
憧れの人の作品に出れるなんて幸せだー!!



いえ~い!!
踊ってきたよ~!!!!!

れーっつどぅーざたーいむわーぷあげーーーーん!!

RockyHorrorShow.jpg

初代フランク(藤木孝さん)の1985年なんてワタシはまだ小学生で。

二代目フランク(ROLLYさん)の1995~1997年なんて高校生で。

三代目フランク(古田新さん)の2012年でようやく!!!

憧れに憧れた生舞台

ROCKY HORROR SHOWを堪能!

20120204182611.jpgのサムネール画像@サンシャイン劇場

いろんな人がいろんな影響を受けた、伝説のミュージカル作品だかんね!
ワタシは今までレンタルビデオでしか観たことがなかったのだけど、
やっぱり生の舞台は楽しいねえ~~~!!
ミュージカルといってもロック・ミュージカルだもんね。
はわわ~。
楽しかった~。
今まで観られなかった歴代フランクが別キャストとして出演だもの!!


ZE ・ I ・ TA ・ KU !


フランクはROLLYさんがベストキャストでしょ!
と、思ってたけど、(観てもいないのにww
古田さんのフランクも超似合ってた!
そういえば、名前が正に!だもんね。
古田さんがフランク "フルター" やるんだもん。
ってか、ちょっとむっちりしたところが「ONE PIECE」のイワンコフみたいだったww
※本当は逆で、イワンコフのモデルがフランク。
網タイツはいた古田さんの足がキレイだった~(笑)
カーテンコールのROLLYさんの生ギター演奏かっこよかった~!!!

20120205165600.jpg

記念にポップコーン(お持ち帰り用のスペシャルパッケージ)とパンフGET。

自分用の誕生日プレゼントにもう一回観に行こうかな☆

公演は2月12日まで!!!




TITLE  おりがみ

節分です。
みなさん、ちゃんと「豆まき」していますか?
年の数だけ食べてるだけじゃないですか?

お子さんがいる家は、

親 「ほら、豆まきして」
子 「はーい!」

って、子供にお任せできるからいいですが、
大人になると、なかなか大きな声で

「鬼はーそと!福はーうちっ!!」

って、できないですよね。
恥ずかしくて。
いや。
ワタシは独りでもやりますけどね!
恥ずかしげもなくツインテールもやるくらいですからね!wwwww


さて。
ちまちまと作りました。
豆を入れる箱。

20120203021730.jpg

福と鬼の顔がフタになっています。

作り方はコチラ☆

ワタシはやっぱり、
角2本っていったら、赤鬼どん♪ってワケで赤い折り紙で作成!
んでもって、福の神は現代風に茶髪にしてみました!(笑)
可愛い箱に節分豆を入れたら、
きっと、お子さんも喜んで豆まきしてくれますよ!

フタの方は、お子さんにはちょっと難しいかもしれないけど、
ぜひ作ってみてくださいねヽ(oゝω・o)-☆



TITLE  なんでまた

2月2日はツインテールの日なんだって!
みたいなことをFacebookでコメントしたら、


「それは(お前が)ツインテールにするということだな?」


という流れになったので...

twin-piece.jpg

もちろんやりました(笑)
期待に応えるのが由加里クオリティ!www
他の写真も見たいという勇者はコチラへどうぞ(笑)


本厄の最後の日に何をやっておるのだ!
え?これが後厄への伏線?www


twin-aho-rakugaki.jpgのサムネール画像

ちなみに、そんな本日は、
日本ツインテール協会なるものが発足した模様です。

・・ホームページより抜粋・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2012年1月24日、日本記念日協会より2月2日を

「ツインテールの日」とするという決定が下されました。
しかし、私たち日本ツインテール協会は
これを単にツインテール愛好家のためだけ日とするつもりはありません。 

私たちは1つの提案をします。


男性の皆さん、ツインテールの日に心惹かれる女性に2本のゴムを渡しましょう。
女性の皆さん、もしあなたに彼の気持ちを受け止める心があるのならツインテールで応えましょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんか、自分、凄いことした気がしてきた。

1