YUKARI OHNO
Actress
大野 由加里(おおの ゆかり) 02/09 Type A
スタッフ気質のガテン系女優。裏方出身のため、現場の進行と空気を読みすぎて、プロデューサーや監督からの無理難題も引き受けてしまう性格。本人はどたばたラブコメ向きだと思ってるが、なぜか清楚で陰のある賢い美人系の役ばかりいただくため贅沢な悩みを抱えている。B級おバカ映画、荒木飛呂彦作品、三国志が大好き。2009.5~漫画家デビューも。

2013年2月アーカイブ

はい。
またサボって1週間まとめブログになってしまいました!!

最近、twitterやfacebook、三次元、ありとあらゆる方向から
「楽しみにしてるよー」って言って下さる方が多くてですね...

「やべぇ...ブログ書かなきゃ」と(笑)


いや、いろいろあるんです。



ネタは。




Wiki見たら「某企業で勤務しているらしい」とか書かれてて、バレちゃってるしwwwww
まあ、隠してるわけじゃないけど、一応、女優なんで!!
かつて宣伝の仕事していた経験で、お手伝いさせていただいてるだけなんで!

そんなわけで、21日(木)は、イチ関係者として、
映画『ラストスタンド』のシュワルツェネッガー来日記者会見に行って来たりしてるわけですよー。

158928_5.jpg
(C)2012 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

20130221095040.jpg
USTREAM配信班も入ったりねー。
最近の記者会見はこういうのあるからすごい。

20130221095954.jpg
会見が始まるころには記者席は空席がなくなるほど!!!
テレビカメラもたっくさん入ってくださいましたよ。

そうそう!
司会の師匠・ひとみ姉さまも来てくださって、久しぶりにお会いできたの嬉しかったー!!

翌日の新聞ではシュワちゃんと吉田沙保里選手のハグ写真をご覧になった方も多いですよね。
本当にいい意味で期待を裏切ってくれる作品です。<ハリウッド超大作が聞いて飽きれるB級ぶり!
4月27日公開ですのでぜひご覧ください。



んで、22日(金)はシャンソン聴きに行ってきまして。


んまあ。
これがびっくりよ。

中学時代の同級生の杉戸くんがシャンソン歌手として活躍していて。

中学時代、特別に仲良かったわけじゃないけど、>オイwww
1年生の時に同じクラスだったからね。

いや、イケメンだからさ!!!
ホント、仲良くしてると女子の更なるイジメが怖かったんだってばーwwwwwww

IMG_3862.jpg
(C)2010 joe sugito. All Rights Reserved.

主に地元・名古屋で歌ってるそうなんだけど、2月18~22日に東京で歌うと聞いて行ってきました。


シャンソンなんてどこで歌われてるのかわかんないし、シャンソン初体験。
シャンソンの勝手なイメージとしては、三輪明宏さんかな。
案の定、お客様はお金持ちそうなマダムばっかで、お店に入った瞬間、
「やばい...場違い!!!」って思ったけど、
オーナーであり、シャンソン歌手の江川さんや、YUUSUKEさん、大輔さん...
「あら!噂の同級生?」って、みんなすごく親切で、すごく楽しかったの!
杉戸くんのおかげだな。

終わってから飲みに行って、いろいろ話したけど、杉戸くんから最初に出てきた言葉が

「大野ちゃんは変わってないよねー。相変わらず突き進んでて。
 大野ちゃんのイメージは、ライジンオーだからね」

...って(笑)
園田さんに聴いてもらいたいですよwww
たいして仲良くなかった中学の同級生の中のイメージですら

大野=絶対無敵ライジンオ-

なんだから、どんだけ布教してたんだっていうwwwwwwwww
今はオタクなんて普通だけど、当時はオタクって日陰文化だったのに、
そんな当時から腐女子全開だった旨を告げられて、笑ったね。


っていうか、当時そんなに仲良くなかったのに...<まだ言うか
時の流れって凄いよね!!!
約20年ぶりぐらいに会ったのにこんなに話が盛り上がって、
もう長年の付き合いってくらい普通に話ができるって凄い。

4月にもまた1週間東京で歌うそうだから、その時にはまたココで告知しようかな。
みなさんも是非シャンソンデビューを。ふふふ。




そして23日(土)は、妖怪の集いに参加してきましたよー。

5d6c1b6f.jpg

1回目も遊びに行ったのだけど、2回目も行っちゃいました。
妖怪大好きだもの。


妖怪好きな人たちが集まって、妖怪グッズや書籍等を販売してます。
どれもクオリティ高いし可愛いんだよね~。
水木しげるさんからちゃんと許可をいただいてフィギュア作ってる方もいたり。

うちにも友達の寝娘子ちゃんからもらったぬらりひょん様がいるのですよ。
陶器の可愛い子。
おうちのお守りです。


出展者の中には、大阪からいらっしゃった
劇団シアターOMのみなさんも。

20130223164907.jpg

漫画家の藤田和日郎先生公認で、大阪を中心に「うしおととら」の舞台をされているとか!
「うしおととら」は大好きだから、テンション上がったよー!
もしかしたら出演させていただけるかも!?

いやー。
うしとらキャラできるとかマジでテンション上がるわー!!!
こんな劇団があったとは!!

最近、山田監督の映画に出てないから、妖怪になってないしなあ(笑)
関西公演ってのも魅力的だし。
東京に来られない西側の方々にワタシのお芝居見ていただけるもんね。


楽しみがまた増えました☆




TITLE  完全復活

先週の金曜日に、
映画『ラストスタンド』の完成披露試写会にお邪魔しました!

laststand.jpg
(c) 2012 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

" アーノルド・シュワルツェネッガー10年ぶり主演復帰作 " だって。
なるほど。
主演ね!
「『エクスペンダブルズ』、『~2』も出てたじゃん。」とか思ってたけど、
役者として復帰作じゃなくて、主演復帰ってことね!
なんだー。<勝手に勘違いしてた


いやでも、この映画、予想以上にツボでしたwwwwww

ワタシの世代以上の人たちは、みんな、シュワちゃんと言えば
ハリウッドの大物俳優なわけで。
知事じゃないわけ。
「I'll be back」のネタもリアルで知ってる人ってどのくらいよ~?になっちゃった昨今だもの。



そんなワタシは...

シュワルツェネッガー完全復活!

とか言われたら、期待して見ちゃうじゃない?
そのハリウッド大作的なシュワちゃんを。




が、しかし!!!!!!!!!!





衝撃なまでのB級感!!wwww



ちょ...っ どういうことなのwwwwww



冒頭はやっぱり期待して観ちゃってたから、
「シュワちゃん、やっぱ年取ったなあ...(顔のアップ」とか、
「どうなるんだ?...本当に完全復帰なのか~?」ってドキドキしてたけど、途中から、

「..........?」

「...ちょ...っ 待て待て、www」

ってなってきて(笑)

いや、確かに、試写会の序盤から笑ってる人、いたよ!ww
間違いなく、もう一度観たら、ワタシも序盤から笑うよ!!www

でも、ワタシはやっぱり(勝手に)シュワちゃんが出てる作品だから、!!って期待しちゃうじゃない!
そこは笑うところじゃないって(勝手に)思っちゃってるじゃない!!

「くっそう。なんだよ!だったら、さっきのセリフ、めちゃくちゃフラグだったじゃねーかよ!」
と、いう場面が多々あり、
悔しさ噛み殺して(笑いは途中参戦して)最後まで観ましたwww


とはいえ、シュワちゃんへ期待する、爆発やアクションもしっかりあるし、
めちゃくちゃ格好いいカーチェイスもあるし、<シボレーコルベットZR1!
武器マニアのおかげで、通常アクションにあり得る銃撃戦が、
超絶マニアックな銃撃戦に早変わりだしwww



いやーーーー.........

ツッコミどころも、
B級映画的お約束も、
フラグも、
とにかくいろいろ満載で、がっつりB級映画でしたwwwwww



最初からB級って分かってたらなあ...
くそう。
先にパンフレット読んでおくべきだったなあ...


もう一回観に行こうかなあ(笑)
大好きなロドリゴ・サントロ出てるしなあ。>ロバート・ダウニーJr.といい、濃ゆい顔好きかw



そんな

映画『ラストスタンド』は4月27日公開です。
ぜひぜひ楽しみに待っていてくださいませ☆




TITLE  す・ま・さ

3月2日に公開する
映画『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』
の完成披露試写会にご招待していただきました。

main-trans.png
© 2012 映画『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』製作委員会

益田ミリさん原作の漫画「すーちゃん」シリーズの映画化です。
原作漫画を全部は読んだことはないのですが、
完成披露試写前に、ちいさなお試し版の漫画をいただいて読みました。

漫画の方は、、、結構、ね。
女の考えてるシビアなこと、たっぷりです。
のほほんとした絵柄で、ごくごく普通の日常漫画なので、
「のほほん」のまんま読んじゃうと、知らない間に火傷してたりします。
低温火傷でじっくり、じわじわと。
女ってね、普通のことしてても、
普段から現実見つめまくってて結構シビアなこと考えてんです!
っていう(笑)


で。



映画の方の感想。
そんな漫画を映画化しているので、結構エグい!?と思いきや、
ちゃんと「のほほん」のまんまです。

これ。
御法川監督の優しさ?と女性への希望?なのかも(笑)

というのも、
冒頭から、すーちゃん(柴咲コウさん)、まいちゃん(真木よう子さん)、さわ子さん(寺島しのぶさん)の性格を表すべく、それぞれにこにこ笑顔の裏の心の声がばっちり出てるのだけど、途中からそういうのなくなるんだよね。
それぞれちゃんと幸せの落とし所みつけて、ほっこり終わるっていう。

これ、たぶん御法川監督の優しさっていうか...
女性にはこうであって欲しいっていう希望というか...
上手い表現見つからないけど、そんな気がします(笑)


女って、男が考えるよりずっと、ほんと、常々シビアなこと考えてるんだってば!!(笑)





「あたし、このままゆっくり老いていくのかな」

「このままおばあさんになって、仕事もお金もなくて、
 寝たきりになって、頼る人もなかったら、
 そしたら、あたしの人生は、歩いてきた人生全部が台なしになってしまうの?」

「捨てたほうの人生の続きも、ありだったんじゃないかな」


30歳間近、40歳間近...
30歳すぎて、40歳すぎて。
それらの考えって、男性よりも女性の方がリアルに想像できすぎて、
結構、いやかなり真剣に、切実に考えるよね。

未婚女性なら、誰でも一度は考えたことがあるのではないかなっていうセリフが満載です。


個人的には、
もやもやしてる時は濁った色だったり、晴れやかな時は鮮やかだったり、
ピシッとしてたり、ゆったりだったり...
すーちゃん(緑)、まいちゃん(青)、さわ子さん(黄)の
それぞれの心情が、服装の色や形で描かれているところが好きでした。

そういう仕掛けって、何度も映画観たくなりますよね。
ふふふ。


sumasa.jpg原作者の益田ミリさんのイラスト

2013年3月2日公開です。
ぜひぜひ劇場へ足を運んでみてください。

そうだなー...

女性なら、会社帰りに独りで観に行くの、おすすめです!








TITLE  節分

20130203185755.jpg

厄年があけたぁあぁぁあ!

厄をあんまり気にしてない...と、いえば嘘になるけどね。

ひとまず、これから一年だけ、厄から離れます。

今年だけは自分のためにしっかり生きていきたいな。

1