YUKARI OHNO
Actress
大野 由加里(おおの ゆかり) 02/09 Type A
スタッフ気質のガテン系女優。裏方出身のため、現場の進行と空気を読みすぎて、プロデューサーや監督からの無理難題も引き受けてしまう性格。本人はどたばたラブコメ向きだと思ってるが、なぜか清楚で陰のある賢い美人系の役ばかりいただくため贅沢な悩みを抱えている。B級おバカ映画、荒木飛呂彦作品、三国志が大好き。2009.5~漫画家デビューも。

2014年3月アーカイブ

TITLE  コレド室町

先日、新しくできたTOHOシネマズ日本橋へ行ってきました!

色々なところにTOHOシネマズってあるけど、
新しく出来た日本橋は、地域に合わせた作りなのか、どことなく大人な雰囲気でした。

D1001061.jpg

映画館で座って、上映前のお知らせで知ったんだけど、
独自規格のスクリーン「TCX (TOHO CINEMAS EXTRA LARGE SCREEN)」と、
ドルビーの革新的なシネマ音響「ドルビーアトモス」は、
都内で初めての導入なんだそうです。


そんな画面と音響が整った映画館で...


映画『ローン・サバイバー』を観てきました。

poster2.jpg
(C) 2013 Universal Pictures

レッド・ウイング作戦の話なのですよね。
事実に基づいた話というわけで、ある程度の覚悟はしていたけれど、
緊張の連続だし、崖から飛び降りたり転がったりして痛々しいし、
観ている時はもう全身に力が入りまくっちゃって、
ハンドタオルを口に当てっぱなしでした。←びびって声が出るw

何よりも、崖で転がっていくシーンは、
「これ、どうやって撮影してんの!?」
って気になって気になって仕方ありませんでした。笑
役者も顔が写ってる部分もあるからスタントじゃないと思うし、
映像も音もブツブツ切れたりしてリアルだってことは、
カメラマンや音響さんも一緒に転がってたのかな!?とか...

あと、物語の展開として、
死亡フラグ立ちまくりだし、信じるものは救われる...で、
最後はちょこっと涙ほろり的な展開だし。
「こんな状況(お約束の展開)、マジであったんか!?」と。

まあ、あくまでも " 事 実 に 基 づ い た " だから、
もちろんちゃんと物語にしているのだとは思うんだけど。笑

いや...でも、生き残ったマーカス・ラトレルさんが来日した時に
「自分にとってこの映画は生々しすぎて娯楽作品としては鑑賞できなかった。」
って言ってたくらいだからね

事実なんだろうねえ。
無線が繋がりにくかったとか、
無線が繋がりにくかったとか、
無線が繋がりにくかったとか!!!!

ここ、最初、出陣するときに言ってたじゃん!
「このあたりは無線が繋がりにくいから」って!!!
無線の状態とか状況とか、把握して完璧にしとこうよー!!もー!!!!
何よりもそこが敗因だと思うよー!!!

しかし、ハリウッド映画にはなかなかないよね。
負け戦を作品にするって。

まあ、でも、9.11の事件って、最終的には捕まえたし終結してる(?)から、
そういう意味では、その中のひとつのエピソードってことなのかな。
失敗した作戦とはいえ、そこに生き残った人がいて、
その事実を伝えることができるのだし。


==以下ネタバレ===
クリック&ドラッグで文章を選択していただくと色が反転されて読めます。

しかもこのパシュトゥーンの掟ってやつが。。。

「助けを求めてきた客人は、どんな犠牲を払っても守り抜く」
これは、この作品ではとても好意的に描かれているけど、
この掟で育った人たちが主体だったタリバン政権は、
ビンラディンに対しても同じように守ったわけですよ。

マーカスが生き残れたのもこの掟のおかげ。
アメリカ兵がアフガニスタンへ乗りこまなきゃいけなくなってしまったのも
この掟のせいだったわけで。。。





この作品は、TCXとATMOSで観た方がいいですよ!!
というか、映画館でぜひ観てほしいです。

痛いです!!
あと、ハンドタオル必須です!!<ワタシだけ?w


TV放送もいよいよ佳境ですね!!『キルラキル』!

マコちゃんのド天然可愛さもハンパなく萌えますが、
美木杉のギャップと変態ぶりが大好きすぎて、萌に萌えて仕方ないです。
美木杉LOVEヽ(♡´∀`♡)ノ


さて。
そんなこんなの16日(日)。


先日の舞台で共演...は、してないんだけど、笑
稽古中で散々からんでもらった山﨑ゆりかちゃんと、
秋葉原デートしてきましたよ。

D1001059.jpg

キルラキルカフェ!

うん。
まあ、入れなかったんだけどもー。笑

日曜日は営業時間が短かったので、
並んでいるうちにラストオーダーのお時間に。
残念。



ゆりかちゃんと、キルラキルコスをあわせるということで、
気分盛り上げるためにカフェにやってきたのだけどね。



リベンジしようぜーってなわけで、一緒に撮影。

yukariyurika.jpg


ゆりかちゃんが流子ちゃん、
ワタシが皐月さまをやりますのん。

本来の性格は、どちらかというと、
ゆりかちゃんが皐月さまで、ワタシが流子ちゃんなのだけどね。
コスプレは見た目が大事!!


そんなワケで、この日は皐月さまと同じ前髪つくって行ったのでした。
久しぶりの前髪~♪ >前髪はウィッグ


おーし!!
あのウエストつくるべく、ダイエットに励むぞ!!!




昨日は、劇団軌跡プロデュース Little steps13
第一部「僕のポケットは星でいっぱい」
第二部「Graduation」
初日を観てきました~。

pamphlet_little13.jpg

昨年共演したりょーちんこと山田亮くんが、第一部の主役・カシオをやるというので、
演劇集団キャラメルボックスで演劇観を育ててきたワタシとしては、
こりゃりょーちんの雄姿を観に行かねば!!と。

これが!!

すっごく良かった!!

りょーちん、ちゃんとカシオだった!!


やっぱり成井豊さんの脚本好きだー。
ストーリー知ってるから泣かなかったけど、これ、本当に泣けるんだよなあ。
キャラメルボックスお得意の家族愛ね。
押し売り感がなくて、さらっと入ってるところがホント好き。
キャラメルボックス大好き。
今、サンシャイン劇場でやってるから観に行っちゃおうかな。
まだ生のキャラメルボックスの舞台観てないし。>ビデオばっか


それはさておき!!!
2部構成になってて、「僕の~」のあと、すぐに「Graduation」が始まるのだけど、
こちらの話の中にヒーローショーが盛り込まれてて!!

特撮&ヒーロー大好きなワタシとしては、
さっきの「僕の~」の感動どこいった!?と言わんばかりの食いつき様。笑

「あかん。 りょーちんのこと、どうでも良くなってる...」

とか申し訳なく思いつつ、もう武蔵にくぎづけでした。

キャラも声もツボ。
可愛い見た目なのにシッカリしているサイゾウと、
カッコイイ見た目なのに優しく温和な武蔵のコンビが最高!

D1001058.jpg

「坂東武人 武蔵(Bandou bujin MUSASHI)」
2013年11月に生まれた埼玉発祥のヒーローらしいです。

完成度すげー高くて、もうワクワクとドキドキが止まりませんでした!!
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ふおう。

公演後、ステージで握手&撮影会してくれてて、
(さすがにノーメイクだったから一緒に写らなかったけど)
三十路のババアが恥ずかしげもなくキュン顔で握手もしてもらいましたよ。
はー。得した!!
舞台観に行って、キャラメルの作品+ヒーローショーとか俺得!!

「坂東武人 武蔵」 PV
「坂東武人 武蔵」 第一話「サイゾウ、武蔵との出会い!(小江戸川越)」

いい!好き!武蔵これからも応援する!
ARCADIAの皆さん、期待してます。


日曜日までやっていますので、
お時間ある方は武蔵を...いや、りょーちんのカシオをぜひ観に行ってください。笑

劇団軌跡プロデュース Little steps13
第一部「僕のポケットは星でいっぱい」
第二部「Graduation」

14日(金)14:00、19:00
15日(土)14:00、19:00
16日(日)13:00、17:00

場所は、下落合駅・北口降りてすぐのTACCS1179です。

ユーキース・エンタテインメントプロデュース公演vol.12
「...from the moon light~月からの贈りもの~」

fromthemoonlight.jpg

満員御礼で閉幕いたしました!

ご来場くださった皆さま、観に来れなかったけど応援して下さった皆さま、
スタッフ&関係者の皆さま、キャストの皆さま...and you!

つきなみなご挨拶で申し訳ないですが、本当に本当にありがとうございました。

今回はWキャストということもあり、
稽古場ではA,B両方のキャストが共演し、
みんなで出演するんじゃないかと思うくらい、チームワークの良い座組でした。
ここは、演出家の山﨑さんの
「家族の話なので、出演者みんなが家族になれるような座組にしたい」
という想いが叶ったのではないかと思います。


さて、恒例の
ミカリ(ワタシ)周囲の写真からー!!


一番お世話になりました、
ワタシの旦那様 こと 伊藤守人/岡本祐一郎さん。

D1001046.jpg

顔合わせでお会いした時から
「この人が相方なら、何も心配いらないな」と直感的に思ったなあ。
案の定、稽古の時から、
ちゃんと恋人に見えるっぽい雰囲気出してくれて助かりました。
また、本番中にお客様からいただいた感想「ミカリの片想いに見える」にムキになり、
「千秋楽はラブラブに見えるようにしてやる!!練習させて!!」と、
綿密にラストシーンのやりとりを繰り返し練習した可愛い一面も。

打ち上げでは、Bキャストのルイに潰されて、>ルイもぶっ潰れたけどw
役は終わってるハズなのに、嫁のごとくしっかり介抱しました。笑
同い年ながら、甘え上手で羨ましい限り。どうにも放っておけない人です。


そして今回、ワタシが何よりもネックだったのが、「同級生」ということ!笑

小学5,6年生の時の同級生
BhtLzv1CIAEeELD.jpg
左から、スクナヒコ/松田好太郎、ルイ/やんえみ、ミカリ/ワタシ、カースケ/Nozom

実年齢では断トツでワタシが年上なんだもん。笑
同級生に見えるかどうか心配でしたーwww
毎日必死でスキンケアして、小屋入りしてからは毎日パックしてました。笑

好太郎は前回の「めぐりあうとき」で相方だったし、
やんちゃんは一昨年7月の天然ポリエステル「異人」で一緒だったから、
なんとなーく芝居の方向性の予想はできていて。
合わせればOKだから、彼ら次第だな、って。笑

Nozomくんは顔合わせの時に、偶然、座った席が隣になって、
これまた直感的に、ワタシとちょっと似てるとこあるな、気が合いそうだなって思った。
気がつくと周りを観察しているディフェンダー。
みんなと打ち解けるまでにちょっと時間がかかるんだよね。
小屋入りしてみんなと長く居るようになってからググっと表情が変わって、
ゲネ、本番、と回数を重ねるごとにイイ顔になってきました。

Nozomくんの本拠地での顔(Psalmとして唄ってる顔)も観に行ってみたいな。


Aキャスト集合
Bhx50EoCQAA_5kk.jpg
後列左から、ミカリ/ワタシ、伊藤/岡本祐一郎、カースケ/Nozom
中列左から、三田さん/津野眞由美、父・マサオ/大島つかさ
                         スクナヒコ/松田好太郎、マツミナコ/永峰遥
前列左から、母・裕子/藤崎桐子、サッチ/長谷川唯、ルイ/やんえみ

実はワタシ、ミカリの役作りから、キャストのみんなと仲良くしないようにしてました。
「...from the moon light~月からの贈りもの」って、
亡くなったお母さんのことが大好きな家族と、
その家族に憧れ、その家族が大好きな周りの人たちのお話だけど、
ミカリとカースケ、ルイ、スクナヒコは、同級生とはいえ、12年ぶりの再会だし、
家族からは一番遠い存在なんだもん。

ミカリって、伊藤さんとの繋がりがなかったら、
この家族と再会することはなかったかもしれなくて。
大好きな伊藤さんが新担当の頃から可愛がってもらった桐山家の一員に、
ラストシーンの伊藤さんの報告で、ようやく迎えてもらえるのですよ。
つまり、舞台の中ではまだ入れてないワケですよ。
だって、お母さんのお墓参りに行って、ようやく入れたのだとしたら、まだだもの。

そんなワケでね、稽古場にもあまり行かなかったり、
Aキャストのみんなと仲良くしなかったりしたのはそのせいです。
ちょっと寂しかったのだけど、気持ち的に他人感を出したかったから。

稽古場では、伊藤役の祐一郎さんばっか目で追って観察してたなあ。笑

Bキャストの方が仲良かった気がするもの。笑

そんな仲良しBキャストの2人!
D1001051.jpg と D1001052.jpg
ルイ/山﨑ゆりか                ミカリ/島村彩也香             

ゆりかちゃんは、
稽古場でやんちゃんが居ないときに、代役のルイで入ってくれたのだけど、
たぶんヲタ属性も同じだからだと思うんだけど、
ワタシとテンションの上げ方というか、はしゃぎ方が似てるんだよね。笑
今回は共演できなかったけど、一緒に舞台やりたい。
なんか面白いもの生まれそう。
そんなワケで、ゆりかちゃんとはコスプレ合わせするんだー!!
(*゚ ∇ ゚ )ウェ~イ♪

彩也香ちゃんは、
同じミカリ役だったから...そりゃ、意識しちゃうよね~。
しかも、見た目がこんなクールビューティーさんでしょう?
ババァのワタシに勝ち目ないから!!
ただ、こんなに美人なのに、動きがコメディ動きというか、過剰リアクションというか。
たぶん照れ隠しなんだと思うの。
今回はしっかりとイイ女を演じてくれたので、今後もそれを生かして欲しいなあ。
今回のミカリ役について、色々一緒に考察して、
近そうで真逆なミカリを作っていけたのはとても楽しかったです。
ありがとう!


最後に。

D1001044.jpg
舞台となっていた「カフェ桐山」には、お母さんの愛がいっぱい!

これら舞台のセットは、お母さん役の藤崎桐子さんの私物がほとんどなんですよー!

さっきも書いたけど、ミカリって、登場人物の中で、唯一、桐山家のお母さんを知らないの。
だから、桐子さんとあまり接触しないよう、避けてたんだけど、
本当にね、キャストみんなが桐子さんの話たくさんするの。
羨ましかったし、寂しかったんだー。

でも、その反面、「ああ、家族になれてるな」って実感があって。

お客様、スタッフ、キャスト...
この作品に関わったすべての方が家族になれた素敵な話だな、と思いました。


ワタシも家族になれた、この出会いに、感謝です(´。vωv。`)




おまけ。
D1001049.jpg メイドコスのミカリだよ!

1