YUKARI OHNO
Actress
大野 由加里(おおの ゆかり) 02/09 Type A
スタッフ気質のガテン系女優。裏方出身のため、現場の進行と空気を読みすぎて、プロデューサーや監督からの無理難題も引き受けてしまう性格。本人はどたばたラブコメ向きだと思ってるが、なぜか清楚で陰のある賢い美人系の役ばかりいただくため贅沢な悩みを抱えている。B級おバカ映画、荒木飛呂彦作品、三国志が大好き。2009.5~漫画家デビューも。

2014年10月アーカイブ

TITLE  多民族国家

公演まで残すところあと10日を切りました...

Ammo vol.1「Lucifer
B0O251ECIAAWJ0z.jpg


けど、全然焦りはありません。
なぜなら、キャストに、小劇場界を担う新進気鋭俳優が揃っているから。
いいもの出来ないワケがない。

それに、殺陣やダンスは一切ないし。笑
前回の『法螺~a pack of lies~』に比べたら、動きなんて全然ないに等しい。笑


ただ。

心はね。

実話が元になっているフィクションなのです。
実際にあった話を元に描かれているので、
一部の登場人物には、実はモデルがいたりします。

本人たちの心境を考えたら、彼らを演じる役者はきっと、
心の動き、葛藤がハンパないだろうなと思います。
みんな、役に負けるなーって思います。
※ちなみに、ワタシの役にモデルはいない


同じ国に、違う民族が一緒に住んでいて、
「ここは私達の土地」
「他民族は出ていけ、邪魔」
「あの民族くらいは一緒に住むことを許してやってもいいかな(見下し気味)」
って、一見仲良くしていそうなのに、心のどこかで思っている。
もしくは、民族の血がそうさせている。


そんなしがらみ、捨てちゃえばいいのに。
昔は昔、今は今。


なんて思えるのは、現代の、日本人の、何不自由ない豊かな生活があるからこそでしょうね。
何百年来のしがらみ背負って生きなきゃいけない人たちもいるんですよね。
世界には。


舞台は90年代のボスニア・ヘルツェゴビナ共和国。
ここにはムスリム人、クロアチア人、セルビア人、マケドニア人...
民族の違う人たちが一緒に住んでいました。
この民族の違いのせいで起きた紛争で、多くの才能ある若い命が消えた...かもしれない。
そんなお話。


カタカナが並んだり世界規模で話をすると取っつき難いですが、
東京という国の中で、
埼玉人、神奈川人、千葉人、山梨人が喧嘩を始めたって考えると分かりやすいかな?笑
※ちょっとニュアンス違うけど


ワタシは、
ボスニアのサッカーチーム
FKビリヤシュのクラブハウス内にある、ピッツェリアの店主・エスマを演じます。

ボスニアに住む人々は皆、民族関係なく、
FKビリヤシュというチームが、選手が大好きで、
いつもこの店に集い、観戦をし、応援しています。

エスマは、ムスリム人、クロアチア人、セルビア人でもない、マケドニア人。
彼女は他の民族とどう接し、どんな想いでいるのか?



日本人ジャーナリストから観た、セルビアの人々のお話。
本当にあった、かもしれないお話。


どうぞ観に来てください。

チケットのご予約はこちら



TITLE  Dステ

D-BOYS 10th Anniversary
Dステ15th「駆け抜ける風のように」
、ご招待いただき観てきましたー!!

543cee2d8af0a.jpg

昔からアイドルにはてんで興味がないっていうワタシは、
周りの女子から「D-BOYSの○○くんがかっこいい!」なんて言われても、
「誰それ?」の反応で...

めっきりイケメンにはついて行けていません。>大好きなくせに

主役の迅助役なんか、NHK朝ドラ「ごちそうさん」の源ちゃんなんですよ。
それだけで、もう、「きゃー!」のはずなのに、
朝ドラ観てなかったワタシは「和田くん...?へー?」...


今回も、「観たい!」と思った理由が、演劇集団キャラメルボックスというキーワードであり、
キャラメルボックス好きなら知らない人はいないであろう
「風を継ぐもの」シリーズの新作だったから!ですからね。


しかし。

しかし。


侮っておりました。
D-BOYS。

ちゃんとキャラメルボックスのお芝居してました。
もちろん脚本・演出が成井豊さんだから、そりゃ、キャラメルボックス色だろうけど!!

分かる人にはわかっていただけると思うけど、
つかこうへい芝居とも野田秀樹芝居とも微妙に違う、
あの、キャラメル独特の、ロングブレスでのセリフの掛け合いは難しいですよ!
それこそ成井豊芝居なんでしょうよ!

今回は、キャラメルボックスから、
岡田達也さん、三浦剛さん、筒井俊作さん、鍛治本大樹さんほかが出演されていて、
そこはやっぱり岡田さんだな、って。
やっぱりキャラメルボックスのメンバーに比べたら、
てんで荒々しくて力技で押し切った感半端無くて、敵わないなって思ったけど。


それでも、あの成井芝居をちゃんとプレイできているD-BOYSメンバー凄い!!


どうせイケメンアイドルだろ、って侮ってた。
本当にごめんなさい。
見なおした。
今後はちゃんとイケメンをチェックするようにします。>たぶんしないw


しかもワタシが観させていただいた日は、アフタートークがある日でして。


キャラメルの「風を継ぐもの」シリーズを観て以来、
歴史に興味のなかった漫画家さんがあっという間に虜になって、
漫画化したい!!と、作られた漫画「風光る」の著者・渡辺多恵子さんがゲストにいらっしゃって。

和田☓岡田☓渡辺という豪華トークが繰り広げられたわけです。

楽しかったー。
お芝居見てる時より笑ったー。笑


10月24日から大阪公演、10月31日から名古屋公演がスタートするそうです。

そしてそして。

IMG_1522.JPG早くもDVD化決定!


東京公演見逃したか方、ぜひ、大阪公演、名古屋公演をご覧頂いてはいかがでしょうか??
大阪、名古屋公演へ行けない方はDVDでお楽しみいただくのはいかがでしょうか~??


女子校で演劇部に所属していた頃、散々顧問の先生からVHS借りて
見倒していたキャラメルボックスのお芝居が、

今、普通に観られるなんて東京凄いなー...と、
懐かしく思いつつ、
自分もこのくらいのチャレンジしたいと思いつつ。


D-BOYSの公式サイトでイケメンをじっくり堪能した夜でした...



今のこのワタシがあるのも、この劇団あってこそ!
...と、言っても過言ではない、

幾度となくお世話になってきた
劇団あぁルナティックシアターさんの舞台、観てきました☆
※「Lucifer」の稽古、お休みだったので。

BAKAtitle.jpg

あぁルナでは、毎年この時期になると、
TOKYO BAKA EXPO という1ヶ月公演を執行するのです!

無謀!!

いや、ね?
若手劇団とかだったら若さで1ヶ月乗り切るパワーあると思うんですよ。
でも、27年の歴史を持つ老舗劇団の平均年齢は約40歳!
(平均年齢を引き下げているのは若手2人のおかげ!)
若手2名を除いたら、アラフィフとアラフォーのみ!!!笑
その彼らが1ヶ月間休みなく公演を打つという苦行を...((((°ω°;;;))))あばばばばば

2年近くお芝居観に行くことができなくて、ご無沙汰してたら、>男祭りは毎年行っている
佐々木さんてば見事なおじいちゃん仕様になってんだもん。>風邪ひいてたらしい
びびった。笑
「由加里ちゃ~ん、肩揉んで~」と言われて、
なんか、親孝行(?)せずにはいられなくて、思わず、肩揉んで帰ってしまった。笑
セクハラされても
「おじいちゃんだし、しゃーねーな」とか思っちゃったり。笑 >ダメ


そんなジジイとババアしかいない劇団が、<敬愛を込めてあえて言う!
コントたっぷりまじえた映画『Big Fish』まがいの舞台を...


っつか、

『Big Fish』じゃねーかよ!!!!!!笑



下敷きに、じゃなくて、まんまじゃねーかよ!!!!笑



ワタシが観た日は、たまたまプレミアム・デイで、
通常の「ヴォードヴィル」の配役をシャッフルして進められていたそうです。
観終わった後、本当の役がどうだったのか気になっちゃいました。

いやしかし、芝居中に休憩すんなっつの!
IMG_1511.JPG
立っていることに疲れてたびたび照明のポールにつかまろうとする佐々木さん。笑(右端)

主人公を演じる一哉さん(上記画像の中央)が、
あぁルナの芝居では珍しく真面目にカッコ良くて、締めるとこ締めてくれていて、
はじめましてのキャストさんもいらっしゃって、話もぐぐんと面白くなってて!!

でも、それ以外はいつものあぁルナでした。
めっちゃ笑ったー!!!

IMG_1512.JPG
あぁルナ流『Big Fish』の「ヴォードヴィル」、あまりのくだらなさに笑えます。笑

とはいえ、言うても『Big Fish』が下敷きです。
ラストは油断してると泣いちゃいますよ。
がっつり笑えて、ラストはほろりと泣けます。

やー...もう、本当に。
座長の橋沢さんの回しは上手すぎる。天才。
他人をいじるのも、自分を生かすのも、この人だけ群を抜いてる。
橋沢さん、ホント好き。

IMG_1514.JPG
会う度にお腹が大きくなっていく、座長の橋沢さんと。笑

橋沢さん×佐々木さんのコントは完璧だもの。
はー。もう。二人会(25日19:30~)行きたい。
男祭り(23日19:30~)行きたい。


そして、この日、
劇中の音楽協力をしてくださっているグレート義太夫さんがいらっしゃっていて、
義太夫さんのお隣で観劇させていただきました♪

IMG_1513.JPG
ワタシ、義太夫さんのブログにも登場してました!えへへ。



あーーーーーーーーーー!!!
男祭り行きたい!
男祭り行きたい!!
男祭り行きたいーーーー!!!


TOKYO BAKA EXPO、
お芝居だけでなく、イベントや企画盛りだくさんで、10月26日までやっております。
お時間の許される方、是非、下北沢・小劇場 楽園へ~♪



TITLE  痛車祭

ita09_a.jpg

栃木県足利市で行われた「第9回足利ひめたま痛車祭」に行ってまいりましたー!

日本最大級のイベントで、
渡良瀬橋がかかる渡良瀬川の河川敷になんと痛車が約300台並んでるんです!
いや~...壮観でしたああ..


ここのライブステージでMCをさせていただいたのですよ☆*.・(*ゝ∀・*)ノ


IMG_1494.JPG
これ全部、痛車ー!
今回は「ラブライブ!」「ガールズ&パンツァー」「艦隊コレクション」の痛車が多かったかな。

IMG_1491.JPG
コスプレイヤーさんもいっぱい!

...なんだけど。
普通のコスプレイベントとは違って、
男のコがたくさんいて、みんな女性キャラのコスしてたのがびっくりでした。
痛車のイベントだと、こういうことって多いのかな??
確かに好きなキャラがいるから、痛車作るんだもんね。
好きなキャラ(と一緒)になりたい願望も強いってことかな?

IMG_1487.JPG
こちらは足利ひめたまの公式痛車。

「足利を元気にしよう!」をコンセプトに生まれたキャラクターで、
実際に足利市内にある
縁結びの神社・織姫神社から生まれた、ひめちゃん
悪縁を断ち切る縁切りの神社・門田稲荷神社から生まれた、たまちゃんとシロ吉が描かれています。

IMG_1489.JPG
栃木県や足利市のB級グルメ、定番屋台がずらりと並びました!

もう、ホントどれも美味しそうで、どれを食べようか迷っちゃいました。
食べられるものは食べて、持ち帰れるものはお土産に!笑

屋台はワタシがMCをしていたステージの前に並んでいたので、
ステージ終わって買いに行ったら、みんな声をかけてくださって、優しいの!
いろいろおまけしてくれたり、サービスしてくれたり...
こういう時、地域のあたたかさを思い知らされます。
みなさん、ありがとうございました~!!

そして。
足利市のイベントということで、
FullSizeRender.jpg
足利氏のゆるきゃら、たかうじくんも来てくれました!
一緒にかぶりものして撮影したよ~!!

ご当地ヒーローのトチエイターも来ていて、
特撮&かぶりもの好きとしては一緒に撮影したかったんだけど、タイミング合わなかった~。


今回、第9回のステージ協力をしてくださった、
いつもお世話になっている、プラザハマダの浜田店長と。
IMG_1501.JPG
プラザハマダさんの物販ブースでは、
店長自らも「進撃の巨人」コスをされていらっしゃいました。

基本的には音楽メイン(CD、DVD、レコードほか)のお店なのですが、
足利ひめたま、たかうじくんとコラボした足利市オリジナル商品もいっぱいです。
店長薫製した、はまたまご、はまちーずがめちゃくちゃ美味しいんですよ!
ワタシも大好きで、必ず買って帰ります。


最近は、店舗がリニューアルされてカフェ&テイクアウトスペースもできていました!
IMG_1479.JPG
このレコードと足利尊氏のプレートが目印!

そろそろ鑁阿寺(ばんなじ)の大銀杏が見ごろだと思います。
お店で音符の形をしたひとくちカステラがテイクアウトできますので、
足利市内を散策する時におやつに是非買っていきたいですね♪

ゆっくり休みたい時はカフェスペースをご利用くださいませ~。

プラザハマダ
〒326-0814 栃木県足利市通2丁目12-11
TEL:0284-41-2301


帰りはスタッフさんと一緒に、
お隣の佐野市名物の佐野ラーメンをいただいてきました。

IMG_1503.JPG
佐野ラーメン いってつさん。

いつも行列ができる人気のお店とのことで、入れるかどうか心配だったのですが、
運よく1組待ち!
手打ち麺、もっちもちの餃子がめちゃくちゃ美味しかったです!


次回、第10回は、来年の6月だそうですよ♪
またステージのMCで遊びに行けたらいいなー。
次はワタシもコスプレして参加したい!!笑



watashinomargaret.jpg

ふふふ。
うふふふふ。

わたしのマーガレット展
ご招待いただき、行ってきましたー!!

IMG_1430.JPG

創刊から現在に至るまで....漫画がてんこ盛りの!
少女まんがの半世紀ですよ!!
ふおう。感慨深い!

入場ゲートを入ると、
まずは4分弱のシアターで映像を鑑賞するのですが、
まあ、これが。
ホント、良く出来てます。

その名もカレイドスコープシアター『100のキス・・・Love&Kiss Forever』!

キャハ━━━━(#゚ロ゚#)━━━━!!!!!!!!!!!!
名前が恥ずい!!笑

でも、こんなタイトルも、観終わった後は全然平気。
もう、ホント、やられます。
見事に少女漫画の世界に連れていかれます。
どんな年齢の女性も、きっとこの映像観たら女子に戻ります。
その後の展示物がすべてキラキラ、きゅんきゅんして見えます。
ちょっと涙出そうになります。マジで。


その後は、マーガレットの歴史を追いつつ生原稿展示が。

個人的には、
1964年の別冊マーガレット創刊号表紙に「横山光輝」と、あって、大興奮でした。笑
あと、大好きな漫画の「伊賀野カバ丸」「ペルシャがすき!」が共に
ギャグ&コメディのカテゴリーっていう衝撃。
ワタシ、やっぱ基本、そこなんだね...笑

映画も舞台もラブコメ大好きだからなあ...


いや、でも、それもこれもラブあってこそ!
王道ラブも大好きですよ!!
ワタシの中では「ベルサイユのばら」なんか聖書のひとつだもんね!!
アンドレ・グランディエ大好き!!!!!
アンドレみたいな人と結婚する!と、常々思っていたらこんな年になっちゃってる痛い女子だよ!!
いねーよ!
わかってるよ!!笑

IMG_1428.JPG

と、恥ずかし気もなく、堂々とアンドレだけ撮影したね。
オスカルとアンドレの等身大立像なのに。



そして、個人的にドツボだったのが、ところどころに展示されている猛男...
きらきら少女漫画の世界の中に猛男。
グッズ売り場でも猛男めちゃ推し。




猛男の浮いてる感、ハンパねぇ!!!!!!!笑




いや、猛男大好きだけどね。
でも砂川を選ぶね。ワタシなら。
「やっぱり顔かよ!」って、言われたけど、当たり前でしょ。
猛男と砂川、どっちも性格がめちゃ良かったら、あと比較するとこ見た目しかないじゃん。


そんなワケで、大好きなキャラを個人的お土産に。

IMG_1440.JPG

イケメンバス(入浴剤)と、一筆箋。

「俺物語!」の猛男はともかく、
「君に届け」の風早くんは必須よねー♡
しかもこのシーンなんだもん。

いやしかし。
少女漫画に出てくる男子って、なんであんなに女子がキュンとくる名言ばっか吐くのかねー?
いや、女性が執筆してるから女性の理想がそこにあるのは当然なんだけど。笑
シチュエーション、タイミング、言葉... パーフェクトだよね。
こういうのって、イケメンだから似合うとか、
イケメンじゃなきゃ出来ないとか訪れないとか、そういうんじゃないよね。<良い例が猛男...

「女子力」という言葉があるのであれば、
世の男性もマーガレット展へ行って、「男子力」を高めるため、お勉強していただきたいですな。
間違いなく女子をメロメロに出来るに違いないので!

1