YUKARI OHNO
Actress
大野 由加里(おおの ゆかり) 02/09 Type A
スタッフ気質のガテン系女優。裏方出身のため、現場の進行と空気を読みすぎて、プロデューサーや監督からの無理難題も引き受けてしまう性格。本人はどたばたラブコメ向きだと思ってるが、なぜか清楚で陰のある賢い美人系の役ばかりいただくため贅沢な悩みを抱えている。B級おバカ映画、荒木飛呂彦作品、三国志が大好き。2009.5~漫画家デビューも。

TITLE  夕陽の向こう側

昨日はD-BOYSによる舞台Dステ「夕陽伝」を観に行ってきました!!

yuuhiden.jpg

先日、Dステ映画祭2015の舞台挨拶で司会をさせて頂いた時に、
登壇した彼らが話していた内容をもう一度反芻し、
思いだしてから観劇に挑んだのですが、

「今までの集大成ではないですが、もっともDステらしい作品になると思っています」

ワタシはDステを生でずっと観てきたファンの方々とは違って、
先日司会をするために過去作品はDVDでしか観ていないので、
比較して批評するのは大変おこがましいのだけれど...
ただ演出に言われた通り演じるのではなくて、
ちゃんと自分のキャラや個性を分かった上で、役を落とし込んでる感じが、
ああ、成長しているなあ、と。
ただのイケメン俳優集団じゃなくて、
それぞれの個性をしっかり持った俳優になってきているなあ、と。

...なんて、偉そうに言っておりますが。笑
いや、本当に、
「D-BOYSをそこら辺のイケメンアイドル俳優と一緒にすんなよ」
なんて昔からの彼らを知ったかぶりしたくなるくらい、ちゃんと観れました。

ラストに近づくにつれ、お客様みんな泣いてたもんね。
あ。
すみません。
ワタシ、泣いてないです。笑
なんかもう親心的な?笑


あと、作品の中では、池岡くんが個人的にNo.1でした。
うん。ま、キャラクターが好きなジャンルではあるけれど、そういうところ抜きでも。
Dステ映画祭2015舞台挨拶の時に、
今回の夕陽伝のことについて触れた時、池岡くんが

「当て書きってわけじゃないけど、末満さんが僕ならできるとあててくれた役。
思いっきりやれって言ってくれたので楽しみ」

って言ってた、末満さんの期待を見事に体現してたな、と。
キャラメルボックス好きなワタシにとって、
池岡くんに限っては、Dステ×キャラメルボックス「駆け抜ける風のように」→DVD→キャラメルボックス「時をかける少女」→Dステ「夕陽伝」だったので、成長を目の当たりにして、本当にびっくりしました。
役を全身で楽しみつつ、
「ヒルコ」というキャラクターを自分のものにしていたなあと。凄いな、と。
毎回ぐんぐん違った顔を見せてくれてこれからも楽しみです。

...ええまあ、また偉そうに言っておりますが。笑


物語は、日本神話をベースにした...
神様と人間が分かつ前の...日本創造のお話と言ったら良いのかしら?

日本神話好きだから(島根旅行記参照)、色んな神様出てくるのかな??
と、思ったけど、
そこは、末満さんお得意の"題材にしたフィクション"で。

ワタシも卑屈だから、異形を扱った話とか大好きだけど、>ティム・バートン大好き!
末満さんもたいがいそういうの好きだなーと。>TRAMPシリーズ
今回もそういうお話。

誰もが心に潜んでいる闇や病を上手に突いてくる。
それに負けない真っ直ぐな心を持っている人でも、
どこかに必ず持っていて、気を抜くと飲み込まれてしまう。

そういう心の弱いとこ、上手に物語にされてます。
末満テイストてんこ盛りでした。


それぞれの立場で、それぞれが生まれ持つ宿命。
今、自分がなすべきことは何か??
夕陽の向こうに、何がみえてくるのか?


Dステ17th「夕陽伝」
東京公演は11/1まで、大阪は11/21~です。
ご興味ある方は是非、劇場へ足をお運びくださいませ。




Comments

Now Loading...