YUKARI OHNO
Actress
大野 由加里(おおの ゆかり) 02/09 Type A
スタッフ気質のガテン系女優。裏方出身のため、現場の進行と空気を読みすぎて、プロデューサーや監督からの無理難題も引き受けてしまう性格。本人はどたばたラブコメ向きだと思ってるが、なぜか清楚で陰のある賢い美人系の役ばかりいただくため贅沢な悩みを抱えている。B級おバカ映画、荒木飛呂彦作品、三国志が大好き。2009.5~漫画家デビューも。

2015年12月アーカイブ

生誕90周年とうかがっていたので、
今年は何が何でも行っておきたかったんだ!!!
※本当は年明け早々行きたかったのに年末になっちゃったけど!

飯田市 川本喜八郎人形美術館
IMG_4129.JPG

ここ数年行けてなかったから、超久しぶり!!嬉しい!!

先日行った三国志サミットで
「12/5から展示が変わって人形が三国志一色になりますよ」
と、伺って、そりゃもう行かねば!!と。

毎年12月最初の土日は栃木県足利市でクリスマスイベントの司会なのだけど、
今年はたまたまナシになって。
じゃあ、飯田市に行かないでどうする!?ってんで即行動。笑
速攻でバス予約しちゃったもんね。
こういう時、ひとりってラクだなーと思うよ。うん。

ええ。
ひとりで行きましたが何か?

っつか、好きな人に会いに行くんだもん♡
楽しみ過ぎて終始バスの中でニヤニヤしてたのは言うまでもないですよ♡
※嘘。半分は寝てた。だって片道4時間だもん。


入るとすぐに、真正面で孔明様が迎えてくださるので、
(※声は森本レオさんで脳内再生される)
案の定、にへら~と顔がほころんでしまったのだけど、
チケット売り場にお姉さんたち居るから、速攻でデレ顔封印したね。笑

IMG_4140.JPG
う...美しい...!!!!

ワタシ、三国志の人物の中では特別に諸葛亮が好きってワケじゃないけど、
川本さんの孔明様は本当に美しいのですよ~...
しかも、声が森本レオさんでしょう?
この美しさにあの甘い声のせて来るわけですよ。>声は常に脳内再生される
なんかもう照れちゃって、顔をマジマジと見れないんですよ。笑

ちなみに、ロビーにいらっしゃる、この大きな孔明人形は、
人形美術館ができると決まった時に、
川本さんが美術館のために、1年かけて製作されたものだそうです。
動かすための人形ではないので、3F展示室の人形とは作りが全然違います。
着物も木目込みだし、生地もコダワリが。

色々な方向から見ると表情も違うように見えるし...

というのも、

川本さんのお人形の顔、すべてに言えることなんだけど、
左右非対称に作られているのですよね。
ひとつの顔で、(顔の角度や照明などにより)色々な表情が出るように。

koumeihidari.jpg
こっちの角度はちょっと優しそう...な気がする。笑

このお話は、
一番最初に美術館へ伺った時に川本プロの方に教えていただいたのですが、
TVで人形劇三国志を見ていて常々感じていたことなので、
仕組みを知ってなるほどーと思いました。

いやホント。
何度来ても新しい発見がありますね!
っていうか、今回は美術館の方に色々教えていただけたのが前回と違うところ!



色々教えてもらったこと、喋りたいー!!!!!!
ここに書きたいー!!
けど!!!!
知りたい人は、飯田市川本喜八郎人形美術館へ行って、
美術館の方々に裏話を聴きましょー!!笑

はー♡
知れば知るほどワタシの中の川本さんリスペクトがどんどん膨らんでいく!!

koumeimae.jpg
好きな人のことを知るのって幸せ~~。


そして、翌日6日!!

今年一番最初の忘年会に参加してきまして。
5?6??年前から仲良くしていただいている、せんだみつおさんと一緒でした~!

せんださんのアシスタントで2年ぐらい一緒にお仕事させていただいて、
それからよく飲みに行ったりして。
司会のお仕事の時は大抵下ネタ全開orセクハラ発言&自虐ネタ満載なので、
アシスタントにつく若手アイドルちゃんがついていけないことが多々あるらしく。
「その点、大野は安心」ということで。ね。笑
毎度アシスタントにご採用いただき、有難い限りです。笑

そんなわけで!!!!!!
前日に川本喜八郎人形美術館へ行っているとあれば!!!!


もらうでしょうよ!!!サイン!!笑

IMG_4147.JPG
人形劇三国志 張飛の声はせんだみつおさん。

今までせんださんからサインなんかもらったことなかったので、
改めてお願いしたら「今更かよ~」って笑っていらっしゃいましたが。

せんださん、川本喜八郎人形美術館があることを知らなかったようで、
サインを書いていただいたのと同じ張飛のクリアファイルをプレゼントしたら、
「どこに売ってるの?」って。

こりゃ、近いうちにせんださんを連れて飯田市行かないとー!!!

nahanaha.jpg

人形劇三国志の張飛は、川本さんがちょこっとだけせんださんをモデルにして
作ってくださったんですって。 (せんださん情報だから嘘かも!笑)

※せんだみつおさんの芸名の由来は、
 慣用句の「せんみつ」(千に三つしか本当のことを言わないさま)から。



Nozomくんひとりの歌声は聴いたことあったけど、
Psalmとして、4人での歌声は初めて聴いたから本当にびっくりした!!

最年少かつ甘~い顔のNozomくんが、低音担当なんて聴いてないよ!

ソロパートは相変わらず素敵だったけど、
ステージのNozomくん、めちゃめちゃカッコ良かったやんか!!
(*゜∀゜)=3ギャップ萌えじゃー!!

ってか、違う意味で、リーダーのHamaさんはギャップ萌えだった!!
ご自身でも体型のことを「ステージにトドが居た」って自虐ネタで使ってるくらい、
ぽっちゃり体型で身長も低くて...なのに、
抜群の歌唱力と魅力的な歌声とキャラクター!!!
MCでお客さんノせるの上手いし!!
Hamaさんのファンが多いの頷けるわー。
っつか、ワタシがファンになったわー!!

Psalm素敵すぎるー!!!



と、ひととおり、ぎゃーすと騒いだ後で、
Psalm 10th anniversary Tour ~Grateful Days~ FINAL Day,1

IMG_4121.JPG

こちらに行ってまいりましたー!!

いやはや。
Nozomくんとは、2014年2月末に公演した舞台
「...from the moon light~月からの贈りもの~」
で、共演して以来の仲良し
で、

彼のLIVEなどにはちょこちょこ顔を出していたりしたのだけど、
本拠地のPsalmのLIVEは何の因果かなかなか都合が合わず行けずじまいで。

昨日初めて行ったのですよう。
超ワクワクしてたよ!!!
だって、本拠地だよ?
メンバーと一緒にいるNozomくん見るの、初めてだもん。

歌ってるNozomくん、やっぱりカッコ良かったなあ。
やっぱNozomくんの輝くところは役者よりも歌い手なんだなあ...と思いつつ、
楽屋へご挨拶しに行ったら、いつものNozomくんで超可愛いんだ。これが。

nozomyukari1.jpg

ちょっと早いクリスマスプレゼントー...って渡してきたけど、 
22日に同じMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで、

Psalm 10th anniversary Tour ~Grateful Days~ FINAL Day,2

やるんだって。
また行っちゃおうかなー?笑

基本4人のアカペラ+キーボードなんだけど、
曲調は、ファンクやジャズテイストも入ってたりしてポップなものからバラードまで様々。
超楽しいの。

チケットはまだあるようなので、気になった方、ぜひLIVEへ行ってみてくださいね。
Psalmの歌にメロメロになること間違いなし!!



TITLE  片道な恋愛

片想いの人、恋人、夫婦、親子...
恋も愛も、片道または一方通行と思っているだけで、
実は想いあってるのは同じで、決して片道じゃなかったりするんだよねえ。
ちゃんと向かい合って話せばいいだけのこと。
それがなかなか上手くいかない。
だからすれ違ってしまう。
片道 " だと思ってしまう " 。


日本人特有の感情である

汲む

これ、実はそう簡単にはできないこと。
だから切ないんだよねえ。

あ。

切ない

も、日本語にしかない感情言語だっけか。
汲む動作があるから切ないって言葉が生まれたのかもね。


そんな、
愛や恋ですれちがう、切なくもあたたかい人間ドラマを
3話構成のオムニバスで描いた舞台「恋の片道切符」を観てきました!

ドラマティック・カンパニーさん(以下DC)の初日観劇! (ノ´▽`)ノワーイッ♪

2015dcf001.jpg

実はワタシ。
DCさんの舞台を観劇するのは初めてだったんです。
皆さんにも「え!?嘘??」って驚かれたけど。笑

昨年は「法螺~a pack of lies~」でご一緒させていただいて、
その後、隆聖さん、関さん、波岡さん、尾田木さん...と、
客演をされている舞台は観に行っていたのですが、DCさんとしては初で。


なので、数日前からめちゃめちゃワクワクしてたのでした!!


これからまだまだ観に行く人ばかりだと思うので、
感想はこのブログ冒頭のところが、ということで。笑

あと、ワタシは実家が愛知の西側(三重・岐阜に近い方)なので、
実際に「ムーンライトながら」を利用したことがあって懐かしくなったり。
名古屋ならともかく、大垣とかマニアックな地名出てきてもわかんないよね。笑
地元ならではのニヤリがありました。笑

しかも、ドラマティック・カンパニー内での再演だと思ってたから、
前回は誰がどの役をやってるのかな~?と思って調べたら、違って。笑
11年前の鈴置さんプロデュース公演に出演されていたのは隆聖さんだけだった!!
しかも、11年前の隆聖さんの役を今回は関さんが!!
※今回の隆聖さんの役は11年前は内海賢二さんが!

Σo(*'o'*)o ウオオォォォォ!!

観終わった後に知って、
隆聖さんが関さんの役を演じていらっしゃるの想像したら
またニヤニヤしてきちゃいました。
二度美味しい!!笑

IMG_4116.JPG
左から波岡さん、ワタシ、奈緒ちゃん、さごちゃん

奈緒ちゃんから「観に来て~」のお知らせもらったんだ。
もちろんもらわなくても行く気満々だったけど、連絡くれたの嬉しかったな。

IMG_4118.JPG
上中央は関根さん。前中央は木村くん、右前は本坊くん。
左の眼鏡は、「法螺」で共演した千葉くん(藤野くん)。同じ日に観に来てた!

本坊くん、相変わらず美味しい役もらってたなあ。笑

IMG_4119.JPG
尾田木さん、関さん!

このお2人大好きー♡ (関さんは言わずもがなw

関さんから「Tシャツ、大反響だよー」とお礼を言われてしまいました!
。゚+..。゚+. .。゚+..。゚+(○´艸`)).。゚+..。゚+.フフ...
絶対似合うと思ったし、関さんが着ることで生きるTシャツだと思ってたもの!!
嬉しい!!

IMG_4120.JPG
劇場を出たら堀本さん発見~!!
堀本さん、ヒゲある方がカッコイイ♡

11年前はプロデュース公演だから、
いろいろな事務所の役者さんたちが集まってたけど、
今回のDCでの公演、みなさん、超ハマり役だと思いました!!笑



恋愛模様や役柄、物語...少しでも気になる方は是非劇場へ!!
※千穐楽以外はまだお席があるようです→ご予約はコチラから



12月の寒さをほっこり和らげてくれますよー。

あ。
でも、独り身の人はクリスマス前だし余計に人恋しくなっちゃうかも??笑





「由加里ちゃん、こういうの好きそうだと思って」

と、妖怪DJの高梵(同い年)から声かけてもらって(ワタシ出不精だかんね
行ってきました!ゲーム展!!!

IMG_4048.JPG
ゲーム展
~2016年2月28日(日)まで、SKIPシティさいたまにて開催中


うん。
好きっつか、
実はアーケードゲーム、さほどやったことないんだな。笑
ゲームセンターに通うよりか、父親のパソコンでゲームやってたかんね。
なので、ゲームのタイトルは「知ってるー!!」だったけど、
あのスティックやらボタンには超不慣れ。
まあ、パソコンのキーボードでもさほど上手くはなかったけど。笑

いや、ココ、何が凄いかって、
ゲームが一番最初に出来たというソレから80年代のもの全部置いてあって、
かつ、実際にプレイできるっていう!
まだ動くってのが凄い。

本当に動くのか??と、不安をいだきつつ、
最初に出てきたゲームがコレ。
IMG_4049.JPG
『テニス・フォー・ツー』(1958年/ブルックヘブン国立研究所)

え?コレ、ゲームなん??
魚群探知機にしか思えないんだけど??
どうやって遊ぶん???w

2P用で、左右のつまみを上手に操ると、テニスできんだ。これが。
慣れてくるとわりかし上手いことラリーが続いたかな。

他にも、
『スペースウォー!』(1962年/マサチューセッツ工科大学)
がプレイできたのだけど、
もはやゲームというより画面はレーダーみたいな感じで、点が動いてるっていう。

いやー...感心するわ。
そこまでゲームしたいん?っていう製作者の情熱を感じた。笑
だって画面より操作盤の機械のがはるかに大きくて、
どこでどう操作するのかわからないくらいなんだもん。笑

で、70年代に入ると、やや「おお、なんとなくゲームっぽい」ってのが出てくる。
『コンピュータースペース』(1971年/ナッチング・アソシエーツ)、
『ポン』(1972年/アタリ)とか。
この辺りから、
ゲームの中身もそうだけど、機体のビジュアルが派手になってくるんだね。

これなんか分かりやすい。
映画『ジョーズ』が流行ったからできた、『マンイーター』(1975年/PSE)。
IMG_4050.JPG

IMG_4051.JPG
画面の下に落ちてる宝を、サメに食べられないようによけながら
最上部の船まで潜って届けるだけ。
プレイしてるとサメの動きパターンがわかってくるからよけるの容易いのwww

高梵は、『デスレース』(1976年/エキシディ)楽しみにしてたらしいけど、
さすが古いだけあって、御機嫌ナナメの時があるらしく、
この日は動かなかったのでした。残念ー!
death.jpg
機体が怖いだけでゲームは車でゾンビ轢いてくだけwwwwwww

70年後半になってくると、知ってるゲームが出てくるんだよね~。
しかもカラーになってくる!!

『スペースインベーダー』(1978年/タイトー)
『ジービー』(1978年/ナムコ)
『フットボール』(1978年/アタリ)
『スターファイヤー』(1978年/エキシディ)
『ギャラクシアン』(1979年/ナムコ)
『平安京エイリアン』(1979年/電気音響)
『アステロイド』 (1979年/アタリ)

海外に負けず、日本の企業出てきたー!!!!!!!!!!!!

IMG_4052.JPG
高梵、上手いしwwwww

IMG_4054.JPG

IMG_4056.JPG
夢中wwwwww

IMG_4074.JPG
へたっぴなので真剣にならざるを得ないwww

昔のゲーム機って、スティックじゃなくて左右移動はダイヤル式なのね。
知らなかった。

80年代になると、もう、アーケードゲーム全盛期だよね。

『パックマン』(1980年/ナムコ)
『クレイジークライマー』(1980年/日本物産)
『スクランブル』(1981年/KONAMI)
『スペー スフューリー』(1981年/セガ・インタラクティブ)
『ドンキーコング』(1981年/任天堂)
『ムーンパトロール』(1982年/アイレム)

IMG_4060.JPG
『ディグダグ(1982年/ナムコ)』!
懐かしい!!

ゲーム下手だけど、めちゃ堪能した。
来年2月末日まで開催中なので、
世の中のアーケードゲームにハマったオジサマ方は行くといいですよ。笑
だって500円(入場料)で時間制限もなく古いゲーム遊び放題だもの。




そして、ゲーム展で遊び倒した後に向かったのは、
そんな彩の国ビジュアルプラザ製作の映画『4/猫(ねこぶんのよん)』内、
『猫まんま』の上田慎一郎監督が主催するパンポコピーナ上映会へ!
news_xlarge_nekobunnoyon_chirashi_20150714.jpg
©2015埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ

パンポコピーナ代表の、上田慎一郎監督&ふくだみゆき監督がはなつ
過去作品一挙無料上映という大盤振る舞いな企画。

ワタシの出演した『Last Wedding Dress』も上映されるというんでね。
(※この作品は何度観ても泣くwww)
LWD_sub2.jpg
この花嫁がワタシ↑ 超チョイ役www

あと、仲良しの俳優・中山雄介くんの出演している
(※過去に夫婦役やってるけど作品がお蔵入りになってるwww)
映画『彼女の告白ランキング』の別ver.のエンディングも特別上映するというので、
これは観に行かねば!!と。
うん。
でも、観た感想としては、
お蔵入りになった別ver.のエンディングじゃなくて良かったな、と思った。笑

ホント、上田監督の作品(脚本も含め)、好きなんだよなあ。
ポップだし、テーマもあるけど、ちゃんとエンタメになってて。
最新作『猫まんま』は初の商業映画らしいのだけど、どんな作品なんだろう??
商業だけど、ちゃんとエンタメなのかな?
商業になると急につまらなくなる監督もいるもんなあ。←オイ

新進気鋭!
大野イチオシの映画監督、上田慎一郎くんをぜひ皆様も応援してくださいませ。


12月12日から全国で公開
オムニバス映画 『4/猫(ねこぶんのよん)』
ディノスシネマズ札幌劇場
盛岡ルミエール
ユナイテッド・シネマ浦和
新所沢Let'sシネパーク
テアトル新宿
シネ・リーブル池袋
センチュリーシネマ
シネ・リーブル梅田

ぜひ。

1

Now Loading...