YUKARI OHNO
Actress
大野 由加里(おおの ゆかり) 02/09 Type A
スタッフ気質のガテン系女優。裏方出身のため、現場の進行と空気を読みすぎて、プロデューサーや監督からの無理難題も引き受けてしまう性格。本人はどたばたラブコメ向きだと思ってるが、なぜか清楚で陰のある賢い美人系の役ばかりいただくため贅沢な悩みを抱えている。B級おバカ映画、荒木飛呂彦作品、三国志が大好き。2009.5~漫画家デビューも。

2017年3月アーカイブ

ブログ、ご無沙汰しております!

3月入ってから初めて...て。笑
どうしてもSNSが手軽に更新できてしまうが故に、ブログが疎かになってしまいますね。

大きな活動予定があるときはブログでご案内しておりますが、
日々の動向が気になる方はFacebook、Twitterなどフォローしてくださいませ。




さて。




大きな活動予定ですよ。笑


舞台出演のご案内です。


なんと昨年2月に出演したのが最後だったので、1年2か月ぶりだそうです。
ひえ~。
あ。
映像作品に出演したり、司会としては活動していたんですけどね。
舞台は1年2か月ぶりだそうで。

舞台は稽古期間がみっちりある割に、お金にならないので、<オイwww
どうしても映像や司会のお仕事選んじゃうのですよね~。




そんなワタシなのに、それでも出演したい!と思うのは、
劇団ラチェットレンチの脚本家、大春ハルオさんの作品が好きだから!



劇団ラチェットレンチは、
「サスペンス」と「落語」の2種類の作品を交互に上演するのですが、
どちらも共通して言えるのが、


オッサンがカッコいい


ということ。笑
主人公がオッサンであることはほぼナイのですが、
脇を固めるオッサン勢がとにかく無敵にカッコいいのです!!

見た目とか、最初からカッコいいんじゃなくて、
一見、ろくでもないダメで最低なオッサンが、
押しつけがましくなく、さりげな~く、もしくは、ひっそり黙々と。

生き様を魅せていく。


分かる人にしか分からない。
感じられる人にしか伝わらない。
それでも、そんなオッサンをしっかり見ている人が居る。




ワタシとか!!笑




50歳近くなってもガムシャラに夢を追い続けている人もいる。
夢を諦めたのではなく、自分の夢より大切なものを見つけた人もいる。
ひとつの夢を叶え、さらなる夢に向かって走っている人もいる。

オトナだから、出来ないこと。
オトナだから、出来ること。
良くも悪くも、コドモはオトナを見て育つのだよ、っていう、ね。

オッサンの皺や哀愁や目や仕草や...
冴えないオッサンの、語らないのに滲み出るソレ。
かっこ悪いんだけど、それがかっこいいっていう。


あああああああああ!!
なんでワタシ、男に生まれなかったんだろう。
悔しいなあ。


ハルオさんの脚本は、
自分が男だったらあの役やりたい!っていうオッサンがいっぱい出てきます。

うん。
まあ、女は女で、決してか弱くない、芯のあるイイ女だったりもするのだけど。

「落語」が題材の作品の時は特に!




うん。
「落語」が題材の時は、人が死なないですからね。
「サスペンス」の時はどうしても、ね~。
サスペンスですから。笑


ワタシが声をかけて、観に来てくださった方々は、
一様に満足してお帰りになられます。
たぶん、
「この人、絶対こういうの好きだろうな」
「こういう人に観てほしいな!」
と思う方を選んで声をかけているからでしょうかね。笑

実は雑多に声かけてないんです。

ファンの方々へは、
ワタシを応援してくださってる=ワタシと好みが似てる
と思うので、
声をかけなくても予約してくださってるハズ!!と勝手に信じています。笑




いつか、テレビ東京の『バイプレイヤーズ』みたいに、
ラチェットレンチの渋い脇役オッサンたちを集めた作品、観たいナ~。
なんて。笑
オッサンばっかだったらワタシ出演できないじゃん。笑



さあさあ!!

そんなわけで、今回は待望の「落語」回!!!


主人公は、漫画から落語にハマった18歳の女の子!!!

だけど!

脇を固める噺家たちの生き様がとにかくカッコいい!
女流、イケメン、新進気鋭の二つ目、そして師匠たち。
彼らの背中をみて育つ前座さん、
彼らをずっと見守り支え続けてきた下座さん。

みんな何だか適当でちゃらんぽらんなんだけど、
それが無性に愛おしく感じるのはそれぞれの想いに信念があるから。

漫画から落語にハマった女子高生は、
そんな落語界に足を踏み入れ、何を感じ、何を学ぶのか!?

嗤って泣ける、ほっこり人情ラクゴ噺!
観ないと損しますよ☆彡



ちなみに、前回「落伍者、改。」で女流噺家・夏風らんらんを演じたワタシですが、
今回は、主人公を落語にハマらせたきっかけとなった、漫画の作者を演じます。

漫画家がどう絡んでいくのか...??
超久しぶりのコメディエンヌぶりも楽しんでいただけたら幸いです。


*+:。.。 。.。:+* *+:。.。 。.。:+* *+:。.。 。.。:+* *+:。.。 。.。:+* *+:。.。 。.。:+* 

プロの噺家さんも絶賛した、2014年の第26回池袋演劇祭で優秀賞を獲得し、翌年に南大塚ホールにて大好評を博した『落伍者、改。』から早1.5年!
劇団ラチェットレンチの落語+サスペンス演劇の最新作!

ラチェットレンチが贈るラチェット的落語噺第4弾!!
ラチェットレンチ13『ラクゴ萌エ』

C6HohzNVMAE4Zj-.jpg C6HohzOUwAAtZPh.jpg

■タイムスケジュール
4月13日(木)19:30
4月14日(金)14:00/19:30
4月15日(土)14:00/19:00
4月16日(日)12:00/16:00

■料金
→前売券:¥3800(予約)
→当日券:¥4300
→金曜昼割:前売券¥3300(予約)/当日券¥380
→トリオチケット:¥10000(予約)
(3名様揃ってからの御入場となります)

■ご予約はコチラから
http://ticket.corich.jp/apply/80476/013/
※ここから予約してくださった方には、
 終演後、大野由加里オリジナル特典をお渡しいたします。

1

Now Loading...