YUKARI OHNO
Actress
大野 由加里(おおの ゆかり) 02/09 Type A
スタッフ気質のガテン系女優。裏方出身のため、現場の進行と空気を読みすぎて、プロデューサーや監督からの無理難題も引き受けてしまう性格。本人はどたばたラブコメ向きだと思ってるが、なぜか清楚で陰のある賢い美人系の役ばかりいただくため贅沢な悩みを抱えている。B級おバカ映画、荒木飛呂彦作品、三国志が大好き。2009.5~漫画家デビューも。

lifeの最近のブログ記事

ちょっと前に過労死のニュースが話題になっておりましたが、
今に始まったことじゃないですよねえ。

ワタシも社畜女優ということで、現在、職場優先しているため、
長期で職場にお休みをいただかなくてはいけない舞台の出演は、限定させていただいていたりします。
※単発モノや映像・映画、司会の依頼は受けております
今の状態で舞台も引き受けてたら、間違いなく過労死すると思うので。笑

そんなワケで、もっぱら観る側、お手伝いする側にまわっておりますよ。
もちろん観ると出演したくなるし、もっとイイもの出来るのに!!とか思っちゃったり、
嫌いで舞台出演しないわけじゃないので、欲求は尽きないですが。


さてさて、そんなわけで。
関係者繋がりで、観てきた順にちょこっとずつ感想をば。
※思っていてもマイナスなことは書きませんのであしからず!笑



VACAR ENTERTAINMENT
『Novel War ~悲劇と喜劇のJunction~』
news_xlarge_nw1.jpg
こちらは、8月に関わった 株)酔いどれ天使『AI:Angel Identity』繋がりで。

水野絵理奈ちゃんが出演、
『AI』では制作を担当してくれていた前野千尋ちゃんが、
今回はアシスタントプロデューサーということで観てきました!

このノートに書き込んだ物語が事実になる...という、不思議なノートをめぐり、
喜劇を得意とする劇団付きの作家と、すぐに登場人物を殺してしまう悲劇作家が、
書きつ書きこまれつ...どちらがノートを制するのか!?

どこかで聴いたことあるようなノートを題材にしつつも、
新しい設定とファンタジー要素を盛り込みつつ、サスペンス風にも見えるよう仕上げ、
笑いあり、涙ありの展開。
主役2人の独壇場て感じでしょうか。



『はじめての夜』
stage60753_1.jpg
こちらは、2年前のDC×GEKIGONG『法螺-a pack of lies-』での共演繋がりで。

三國谷花ちゃんが昨年立ち上げた劇団の第2回公演。
旗揚げ公演を観に行けなかったので、今回は!と観劇してきました。

高校生男子が、初めての彼女から、初めて家に招かれて、初めての体験をしちゃうかも!?という期待に、胸もアソコも膨らまさずにはいられない...!
男はいつだって好きな子にはつい見栄をはってしまう。
そんな彼女も好きな彼にはつい可愛く見せようとカマトトぶってしまう。
お互い言えない事情を抱え、2人の恋の行方はどうなる!?

ワンシチュエーションコメディとしてはしっかり成り立っていて、
物語も演出も展開も、とても面白かったです。
ただ、(確かにコメディはとても難しいジャンルなのだけど、)
そもそもの、「役者のお芝居を魅せる技量」がまだまだなので、
笑うポイントで笑うに笑えないってのが残念だったかな、と。
あと、出演者全員の色気が皆無だったので、(いいのか?
そういう意味では、「性」を扱った物語でも、一切、照れずに観れたのかもしれないなあと思ったり。



VACAR ENTERTAINMENT
『僕は今日も明日のキミに恋をする。』
o1721243513731158738.jpg
こちらも、8月に関わった 株)酔いどれ天使『AI:Angel Identity』繋がりで。

井上翼久くんが出演、
加藤真紀子さんが脚本・演出ということで観てきました!

亡くなった彼女を忘れることができない主人公を中心に、
彼のまわりで巻き起こる数々の人間ドラマと恋愛模様。
少し不思議な、甘くて切ない恋愛物語。

演劇集団キャラメルボックスで上演したら完璧なのが出来あがるのに!
と、いうのが率直な感想でした。
なんていうかそれに尽きる!?笑

個人的には真紀子さんてカッコイイ大人な女のイメージだったので、
こんな可愛いファンタジーな恋愛モノ書かれるんだなあと意外に思いつつ、
普段のあのキャラと笑顔を鑑みたら納得だなと思ってみたり。



湖川友謙さんの原画展
CuM1xpvWIAEcSTt.jpg
こちらも、8月に関わった 株)酔いどれ天使『AI:Angel Identity』繋がりで。

舞台ではないのですが、
『AI』で初めて役者に挑まれた
キャラクターデザイナー&アニメーターの湖川さんの原画展へ行ってきました。

インビテーションにも書かれているように、
「湖川先生にあえたらラッキー!」
の、ハズなのですが、
なんと3日間とも開催時間中ずっと在廊されておられたそうです。笑
色紙にイラスト付き(お客様の好きなキャラ)サインをしてくれるというシステムに、
連日、もはやサイン会状態に。笑
湖川さんの生描きを見るために机を囲む人が多かったおかげで、笑
展示されている原画の数々をひとりゆっくり鑑賞することができました。

展示会が終わってから、P-Brakeを観に行ったのですが、その道中で、
湖川さんから「いろいろ解説してあげられなくてごめんね」と。
そんな贅沢な!!
スタッフの方が、原画の掲載されていた書籍(設定集など)をお持ちだったので、
イデオン、ザブングル、ダンバイン...
いろいろ照らし合わせて勝手にひとりで楽しんでおりましたよ~。
湖川さんがサインしている背中には『AI』の原画が飾ってありました。
そういう些細なことが嬉しかったり。



『GROW UP』
stage61699_1.jpg
こちらも、8月に関わった 株)酔いどれ天使『AI:Angel Identity』繋がりで。

鶴田亮介くん、板橋康人くん、スギ田ナオちゃん、
岩尾隆明くん、御影みおちゃん、木村真誠くんが出演ということで観てきました。

師範たちの個性が強すぎて門下生がすぐに辞めてしまうという道場。
主人公はボクシングの敗戦を機に失意の念から道場通いをやめてしまう。
そんな彼に憧れている少年は、彼に元気を出してほしくて入門をするが...

鶴田亮介・山本鷹矢・秋山良介3人、全員格闘技を特技としていることから、
イケメン×格闘技×エンタメが融合した日本初のプロジェクトP-Breakを立ち上げ。
旗揚げ公演ということもあり、どんなものかな~?と楽しみにしていました。
物語は想像に容易い(と言ったら失礼だけど)、
「イケメン×格闘技×エンタメが融合」っつったら、これだよな!っていう、
少年ジャンプ的な(努力+友情+勝利)物語で、解りやすく見やすい展開でした。
格闘技もさすがプロなだけあって、
そんじょそこらの劇団の殺陣とはスピードも迫力も違って見応え抜群。

残念だったのが、Wキャストだったので、
御影みおちゃん、木村真誠くん出演の方は観れなかったのですよね~。



『ドールズハウス』
CufhofJWcAE9Ng2.jpg
こちらは、直接知り合い...なワケではないのだけど、
8月の公演終わってから、上で紹介した鶴田くんから、
「由加里さん、ここの劇団で今、出演者探してるんだけど出ませんか?」というお話から、
※20代前半をご所望だったため出演ならずwwwww
蓋をあけたらアフリカ座さんの傘下の劇団で、そこから望月海羽ちゃんと繋がり、
アフリカ座と言えば、4年前に共演した大好きなMaftyも傘下劇団の劇団員だし、
今年2月の「BET」で舞台監督してくれた中村友くんはアフリカ座の劇団員だし、などなど...
なんともご縁のある作品となってしまった事から観に行ってきたのでした。笑

世界的に有名な歌手である母が死に、残された4姉妹の悲喜こもごも。
母の遺産、家、そこに住まうかつて姉妹が大切にしていた人形たち。
ひょんなことから人形と同じサイズになってしまった4姉妹は...?

アフリカ座さんの作品は何度か拝見しているけど、u-you.companyさんのは初。
とはいえ、演出家は同じ中山さん。
若手がベテランに引けを取らないような演出や、(女性のみで構成されるというところが逆にイイさらけ出しを生むのか、それとも中山さんの腕なのか?)個々のキャラ作りというか存在感が素晴らしかったです。
物語もドロドロした姉妹の確執やトラウマに、違和感なくネタとしてファンタジーを盛り込んで、汚い部分や痛々しい部分もサラッと見られたり対象が女性でもちゃんと笑えたり、よく考えられているなあと思いました。
久しぶりに満足したお芝居でした。



そして、これまたお芝居ではないのですが、
2016年10月1日に、ポニーキャニオンさんが50周年を迎えたということで、
50周年にちなんで、「ポニキャン50TV」というニコニコ生放送で50時間ぶっ通し放送なんていうものが上演されておりまして、そのうちの10/10(月・祝)AM3:00~『オフィス北野ファンクラブ』にグレート義太夫さんがゲストで登場してくださったのです。

CuWEdfuUMAEIC_3.jpg

「am3時~5時なんて生放送、久しぶりだよ~」
と、笑ってくださいましたが、いや、本音、キッツいですよねえ。笑

でも、番組自体は本当に面白かったですよ~。
たけしさんをよく知る義太夫さんと、まだ「お会いしたことがない」という若手芸人3組。
若手芸人たちにとってみれば、たけしさんは憧れの人。
語るもなにも、「自分たち、テレビで見てました!」の感想が主。
ゲストの義太夫さんと吉田プロデューサーがいなかったら、
番組が進まなかったのでは?というくらい。笑

ワタシだって、ひょうきん族やスーパージョッキー、平成教育委員会...
テレビでばっかりだったのが、
最近では義太夫さんのおかげで目の前で落語されてる姿を見ちゃったり。
しかし本当に。
ポニーキャニオンからビートたけしさんの出演したバラエティ番組のDVD、
ものすごくたくさん販売されてるんですね。知らなかった。
世相を振り返りながら、それらDVD映像を見ながら...

義太夫さんの若かりし頃を見て「うわ!(体型が)今の倍ある!!」なんて思ったり。笑


o0640048013769043583.jpg
深夜2時すぎの楽屋にて!


余談ですが。
この日、ワタシは深夜1時すぎにポニーキャニオンへ入ったのですが、
あやうく恵比寿マスカッツのメンバーと間違えられて、
ニコニコ生放送のステージにあげられそうになるところでした!!笑
※0:00からの「マスカットナイト」が放送中だった

どうやら、当初、生放送出演で予定していた恵比寿マスカッツのメンバー以外にも、
飛び入りで参加をしたメンバーが何人かいたらしく、
「遅くなりました~」と駆け込んだことで間違えられたのだそうです。笑


まさかの新規参入しちゃうところでした!



そんなこんなで、今週も観劇の予定がいっぱいです。
よい出逢いがあるといいなあ。


昔は...って言っても、海の日が設定されたのちょっと前だけど、
当時は7月20日でしたよね!

そういう、元々1月15日だった成人の日とかも含め、
連休になるように第○月曜日...みたいな設定になっちゃって、
余計に分からんくなったっちゅーの。

なんて言ってるワタシは、もはやオバチャンですね!笑



さて。
一昨年、仲良しのプロデューサーさんが
「毎年、男2人で三浦へ焼きに(日焼けしに&BBQしに)行ってる」
というので、
「うは。オッサン2人でサンオイル塗りあってるとこ見たいwww」
というワケで、
昨年は男性2人+ワタシで行ってきたのですが、

そんな日焼け&BBQの会に、今年もお誘いいただきました!!

そして、今年は2人でも3人でもなく、大人数☆


ワタシは今年の3月に共演した桃ちゃん、ゆかちんを誘って。
3人がそれぞれ声かけてたら9人にまで増えました~!!
※残念ながらゆかちんは風邪により辞退。ゆかちん入れたら10人!


良い場所を確保したいということで、
朝早く買い出し&場所取り...ってなわけで、先陣6名は前のりです。

みんなで新鮮なお刺身食べながら、明日のスケジュール発表!!
前のりも楽しい♪

IMG_5277.JPG
桃ちゃんとプロデューサーさんの毛深い手ww

桃ちゃんの向かい側には...

CnbGej0UAAA-539.jpg
ハイボールちびちび...な眼鏡のワタシ。



翌日は...


早起きして三崎へ出かけた甲斐あって、良い場所確保できたーーー!


と、思っていたのですが。
海の日の2日前。
「海開き」をしていなかったということもあり、浜辺も駐車場もほぼ貸し切り状態。笑


前のり隊の6名にさらに1人合流して...かんぱーい!!

kanpai.jpg
さて、ワタシは何を飲んでいたでしょーか!?笑


男性陣はみんなお料理が上手で、女性はお姫様状態www

BBQ.jpg
手羽先のバルサミコ仕上げ、めちゃ美味しかった~!


海開き前だから泳いでる人はいなかったけど、
ワタシたちは入りましたよ!

...って、ワタシは水着持ってきてなかったから足だけー。

IMG_5299.JPG


というのも。
ワタシはお昼過ぎには三崎を出ないといけなかったのです。


それは何故かと言いますとー...

次回に、つづく!!


ゲ ゲ ゲゲゲのゲ~
朝は寝床でぐーぐーぐー 楽しいな 楽しいな
お化けにゃ学校も試験もなんにもない


お別れ会の会場では、午前中に行われた関係者のスピーチや献花の様子、
この「ゲゲゲの鬼太郎」の主題歌が流れていて、

そういやコレ、水木先生の作詞だ...
歌詞の1番で睡眠の話題出るって、どれだけ睡眠大好きなんだっていう、ね!笑
改めて水木先生らしい歌詞なんだなあ...なんて思いながら、
お別れ会に参列し、献花して参りました。

IMG_4392.JPG

「しげるサン」て可愛い。
布枝さんかな。


献花する祭壇までは、
さながらテーマパークのよう。

水木先生の人生の軌跡パネルが並んでいたり、
午前中に行われた関係者のスピーチや献花の様子、
「ゲゲゲの鬼太郎」の主題歌、「ゲゲゲの女房」の主題歌「ありがとう」が流れていたり、
寒さも待ち時間もなんのその。

みんなひたすら写真撮影しておられました。

IMG_4393.JPG

水木先生が亡くなってから、家族が寝室を片付けていたら見つけた
という「ヘソの緒」パネル!笑
水木先生自らの字で「国宝」と書かれているのがこれまた凄い。
自分で国宝って名乗っちゃってるっていう、ね。

IMG_4394.JPG
でも本当に国宝だと思う!笑

撮影スポットもあったり。
IMG_4397.JPG


そしていよいよ祭壇で献花。
IMG_4395.JPG

初七日も四十九日もとっくに済んだのに、
お別れ会のために、と、納骨をしないでくださったご家族のみなさまのご厚意で、
中央に水木先生のお骨が大切に置かれています。

祭壇のデザインは京極夏彦さん。
「丸い輪の世界」をイメージした、あの世とこの世をつなぐ輪の中に、
左から鬼太郎、コケカキイキイ、悪魔くん、河童の三平が並んで、水木先生をお迎え。
周りの白いお花は鳥取県境港の海原を、
左右は水木さんが愛してやまなかった南方のジャングルをイメージとのこと。
いちばん分かってくださってる方がデザインされただけあって、
ファンの誰もが納得の素晴らしい祭壇。


献花した後には、お隣に妖怪ポストが。
IMG_4396.JPG

ここに水木先生へのお手紙入れると、届けてくれるんだとか。
もちろんワタシも入れました。


「これからもどうぞよろしくお願いします」と。



睡眠がいちばん好きだった水木先生ですから、
きっと今頃は「朝は寝床でぐーぐーぐー」なんだと思います。

たまーにふらっと出てきていたずらするのかもね。


夜は墓場で運動会 楽しいな 楽しいな
お化けは死なない 病気もなんにもない!



TITLE  つながり

立川談慶さんの独演会に行ってまいりました!

「ゲストにグレート義太夫さんを呼びたい」
という願いがようやく叶った回とのこと。
よかった!!




というのも。


さかのぼること昨年。
かねてより仲良くしてくださっている某出版社の方々との飲みの席で、

「ワタシ、落語家の役をやるので、お勉強に落語を聴きに行きたくて...」

の、ワタシの発言から、
「じゃあ、近々あるから一緒に行く?」
と、別の某出版社のHさんがお誘いしてくださり、
独演会&懇親会でご挨拶させていただいたのが談慶さんとの出会い。

そして、談慶さん直々に観てはいただけなかったものの、
マネージャーの初見さんが舞台『落伍者、改。』を観てくださって、絶賛。
そこで、『落伍者、改。』で音楽を担当してくださっていたグレート義太夫さんを、
初見さんにご紹介。

そんなご縁があって、

今年1月29日(金)。
談慶さんの20回目の独演会のゲストに、グレート義太夫さんが参戦したのでありました!

独演会の詳細は、グレート義太夫さんのブログでチェックしていただくとして。笑

IMG_4387.JPG

ご縁がご縁を生んで笑顔が繋がるの、嬉しいですね♪


談慶師匠、初見マネージャー、
グレート義太夫さん、
これからもよろしくお願いいたします☆




TITLE  襲名披露

たけしさんに高座名をつけてもらったとのことで、開催された

ホーキング青山 × グレート義太夫
 うそつき迷人会 其の二 勝手に襲名披露!?」
へ行ってまいりました!!

※詳しくはお二人のブログをご覧ください

12079261_909791745736895_5189981694149722229_n.jpg

前回の其の一は、7月で、
舞台「落伍者、改。」の音楽のオファーも兼ねて、
ラチェットレンチ主宰のハルオさんと一緒に行ったのだわ~。
もうずっと前の話みたいだけど、数か月前なのね。


今回も前回同様スペシャルゲストが!

IMG_3922.JPG

「「出る」って言っておきながら、当日ドタキャンを平気でする人」とのこと。
「きまぐれで行動」なんですって。
でも、ちゃんと来て、一席投じてくださいましたよ。

それぞれの一席の後はアフタートーク。
アフタートークのお二人のぶっちゃけ感たるや!!笑
スペシャルゲストの梅春さんが帰っちゃった後は、
寂しくもありホッとしたり?なお気持ちだったようです。笑

IMG_3923.JPG

ぶっちゃけトークの理由は、
「殿から、「オレの悪口しっかり喋っとけよ」って言われたので!」とのこと。

飲み会中締めで、お勘定を全部支払って帰る上司のようだわ。
さすがたけしさん。
粋な計らい!!

古典落語に時事ネタまぜたり、たけし軍団ネタ入れたり...演目も面白いのだけど、
お三方とも、やっぱり枕が面白い。
さすが大御所エンターテイナーですよ。
終始笑っていました。



そして、落語が終わり、グレート義太夫さんにご挨拶した後、
一緒に観に行っていたプロデューサーさんに連れられ、
フジテレビ「みなさんのおかげでした」の名物企画きたなトラン(旧きたなシュラン)で三つ星を獲得したお店へ
行ってきました!!

「こういうお店、平気?」
「大好きです!」

IMG_3925.JPG

あ...なんだろう!
このお店の下品さ、
この店主と店主のテンション、記憶にある!!

お店に入ると、メニューがあれど、お客さんに決めさせない。
店主がお客さんの人数や顔や関係を瞬時に察して、
勝手に飲み物と食べ物チョイスしちゃうっていう。笑

汚いけど美味い店...確かに!!

餃子と鶏とネギをオススメされて食べたのだけど、
本当に美味しかったです。

女性は苦手な人もいると思います。
店主がずっと下ネタで語りかけてくるので。笑



テレビでやってたお店に行く、なんて、初めてだあ。

たけしさんのトークを生で聴いたり、
テレビで見ていたお店に来たり、
なんだか不思議な感じ。

だけど、ホーキングさんも義太夫さんもテレビで見てた人なんだよなあ。
仲良くなって普通に話しているっていう慣れって...
失礼というか恐ろしいな。笑

初心忘れるべからず。ね。


兎にも角にも。
ホーキング青山さん、グレート義太夫さん、
襲名おめでとうございました☆




TITLE  真田の血


IMG_3243.JPG

前夜からそわそわしながら
6日、某大手家電メーカーの炊飯器のCM撮影に挑んだ後、
母方の祖母の、お通夜へ向かいました。
5月に入院した時にお見舞いに行ったのが生きて会った最後の日でした。

っていうか。
入院中に会った時より、
お通夜の時に寝てる祖母の方がずっと綺麗で健康そうで
今にも起きるんじゃないかと思いました。
ホント、棺桶の中の祖母を見てびっくり。
キレイにしてもらってよかったねえ。

撮影でぐったりだったけど、新幹線でしっかり寝たからね!!!
亡くなった日からずっと寝てない人達に休んでもらうために、
叔父さんと一緒に「寝ずの番」しました。
なかなかゆっくり話すこともないし、ちょっと楽しかったなあ。

iibama2.jpg

朝6時。
8月頭とは思えないくらい涼しかった!
この辺りではいつも通りの気温だそうだけど、
ウチの両親や叔父さんは「寒かった」って起きてきたもの。

iibama.jpg

母方の祖母は真田の人でして。
お葬式が始まると真田家の親族が次々と集まり始めて、
歴史好きなワタシとしては密かにテンションが上がっておりました。


火葬をし、葬儀まで2時間くらい時間があいたので、
父におねだりして、岩村城&城下町へ連れて行ってもらいました。
喪服で。笑

岩村城は、日本三大山城の一つに数えられる名城らしいのですよ。
山の上に築かれた城ね!
石垣好きなワタシとしてはテンション上がりまくり!!
さすがに喪服で登山はできないので、山頂付近まで車で行ったのですが。


駐車場に展示室があって、城主一覧を発見。

IMG_3262.JPG

うわ!森蘭丸も城主だったことがあるんだ!!
知らなかった!!!

あれ?秋山の名前があるよ?
え?お祖父ちゃん子孫なの??

祖父は秋山、祖母は真田...
母は秋山と真田のハーフなわけか!!凄いな、母!
ワタシは1/4かー。

真田の血をひく女優...
来年の大河ドラマ「真田丸」出られないかなー...w


あれ??

IMG_3249.JPG

お城、ないんだね。笑

IMG_3252.JPG

それでも良い!!
山の斜面に残る石垣!!!
これがホントに凄いのだ!!!!

だって、山の斜面だよ?
この技術、なんなの??尊敬する!!

IMG_3251.JPG

石垣の写真を撮りまくって葬儀場へ戻り、
寝ずの番を共にした叔父に「行ってきた!」と画像を見せたら、
「心霊写真撮れてないか?」と。
ぎょっとしながら画像を再確認しつつ色々話を聴いていると、
ぞくぞく親戚一同が集まってきて、

「岩村城で写真撮るといっぱい写り込むらしいぞ」
「あそこ行って行方不明になって帰ってこなかった人もいるってよく聴くよな」
「遠足で行った」
「俺の友達いなくなった」
「○○があそこで...」
「あれ?○○と○○、同級生か?」

思い出話で盛り上がりはじめて。笑
イイ歳したオジさん&オジイさん達が子供みたいに楽しそうでした。

寿命で亡くなった人のお葬式って、いいなあと思うのがこういうところ。

そりゃ大切な人が亡くなるわけだし、
もう二度と会えないし寂しいけど、
親戚一同が集まることってそうそうないし、
昔話に花を咲かせて、笑い声が聞こえて、そうやって送りだすのって素敵だな、と。


さすがに火葬場では泣きそうになったけど、
7月半ばに祖母が食欲不振なので危ないかも...ときいていたので、
ある程度覚悟はできていたしね。
ちゃんと笑顔でお別れできたと思います。

亡き祖母に感謝。

TITLE  戦後70年

IMG_3225.JPG

靖国神社の敷地内にある遊就館の前に、
野外特設ステージを作って、舞台...なんてできるのね。

IMG_3227.JPG

戦後70年特別企画
靖国神社奉納野外劇
劇団夜想会 舞台「俺は、君のためにこそ死ににいく」を観てきました。
石原慎太郎さんが原作の特攻隊のお話です。

orekimi-ya-chirashi01trim23.jpg

一昨年の舞台「めぐりあうとき」で共演した乃南ちゃんがご出演というわけで、
彼女の勇姿を観に。

nonami&yukari.jpg

公演を迎える前、稽古中の乃南ちゃんとのメールにも書いたけど、
特攻隊が出撃することで、日本が勝つわけじゃない、
戦争が終わるわけじゃない、
ひとつのきっかけを作る、
それだけのために死に行く若者たち。

「日本のためじゃない
 大切な君を守るために僕は行くんだ」

死ぬことが分かっている人たちを、どんな顔で見送ったらいいのか。

出てくる涙も、単に悲しいだけじゃなくて、
何もできない自分に悔しいし、心が痛いし寂しいし切ないし...
色々な感情がごちゃまぜになって溢れてくるっていうか。
当時の人達の心を感じようとすると心がやられてしまうから、
千穐楽まで気をしっかり、ね!

と。

実は、ワタシも、ちょうど戦後50年の時に高校生2年生で、
所属していた演劇部で戦争もののお話を演ったんです。

高校の通学路になっていた公園に、
記念碑や爆撃による痕跡を残す外壁の一部があって、
そこからお話をふくらませてオリジナルの脚本を書いたんですね。

chikusakouen.jpg
舞台美術で、この石碑と傷跡のセットを作った。懐かしい。

今からちょうど20年前なので、
当時は戦争を実際に体験した方々がまたたくさんご存命で、
リアルなお話をうかがうことができたんです。
実際にお話をうかがった方(女性)を主人公として、
名古屋陸軍造兵廠千種製造所のお話を、終戦の日や文化祭で演じました。

乃南ちゃんみたいに、白いブラウス+もんぺでみつあみのスタイル。
ワタシもやったんだけど、まあ...似合うことこの上なかったね。笑
「野ばら」や「ふるさと」歌ったなー。
軍歌の「月月火水木金金」や
「欲しがりません勝つまでは」「贅沢は敵」の標語、流行ったなー。


上演タイトル、なんだったかなあ?
みんなで取材して、真理子が書いた脚本。
まだ先生が持ってるなら、戦後70年の今年、
市邨学園演劇部のみんな、上演したらいいのにな。



戦後70年てことは、
今、70歳の人は、戦争を知らないんだもんね。
今、、80歳の人でも、戦争が終わった頃に10歳だったんだもん。
どれだけのことを覚えていて、
今、どれだけのことを伝えることができる状態なのか。

今、ワタシたちにできること、考えて行動していかないとね。


TITLE  尊天


先日、劇団☆新感線35周年「五右衛門vs轟天」を観に、
大阪まで行ってきた...

わけですが。

こちらの感想は諸事情により来週UPします!!

で、も一つの目的のために大阪に1泊し、お仕事もお休みをいただいたわけですが、
その目的があまりにもあっさり終わってしまい、時間を持て余したので、
癒し&下半期の願掛けに行ってまいりましたー!!

鞍馬山&貴船

基本的には、お正月と同じところへお参りに行くので、今年はここね。

kuramadera.jpg
鞍馬寺仁王門

妖怪の中でも天狗が特に好きなワタシとしては、
鞍馬山っつったら天狗の総本山で、テンション上がることこの上ないのですよ
あと、理由はもひとつあって。
鞍馬山の信仰"尊天"なんですよね
※愛:月=千手観音、光:太陽=毘沙門天、力:大地=護法魔王の3つで尊天。
「月のように美しく、太陽のように暖かく、大地のように力強く」
下半期の目標、それ!!っちゅーわけで。

っていうか、お正月は豪雪すぎて、ゆっくり御参りできてないってのも悔しくて。
しかも「寒い」「冷たい」だの邪念・雑念ばかりだったもんね。笑

IMG_1942.JPG IMG_2789.JPG
参道で比較

お正月は豪雪だったので、参拝者がめっちゃ少なかった記憶がありますが、
今回も梅雨時の平日に行ったからか、かなり少なかったですねー。

しかも朝から雨だったのに、山へ着いたら雨がやんでっ♪
「あ。ワタシ、天狗様に迎えていただけてる」って思ったら嬉しくなっちゃって。笑
もうそれだけで強くなれた気がしましたね。>スピッツか!ww

IMG_2792.JPG
鬼一方眼紙社にある魔王の滝

IMG_2793.JPG
由岐神社の門をくぐると、奥に見えるのは...

oosugi.jpg
めちゃめちゃ高くて太い3本の老杉がどーん!↑中央の杉

由岐神社は鞍馬山の氏神様らしいです。
国宝重要文化財なのよね。
「天狗みくじ」っていう、天狗の顔が鈴になっているのですが、
なぜか顔におみくじが刺さってて...なぜこんな作りに...?と。笑

そこから、牛若丸の守り本尊である川上地蔵堂、
牛若丸が7歳から10年間住んだ東光坊跡(今は供養塔が立ってます)、
九十九折り参道、中門...と、とにかく山道を登って登って...

寝殿、転法輪堂も過ぎて...まだまだ登って...

kuramadera-1.jpg
本殿へ!

牛若丸が幼少の頃を過ごしたお寺です。
本殿の裏の高い杉のてっぺんに天狗様がいらっしゃった気がしたのですが、
息切れてるワタシを心配して観に来てくださいました?笑

kuramadera-nagame.jpg
本堂前のお庭から。

ホント、雨がやんでてよかった。笑
見晴らしも良くて、風も気持ちが良くて、しばらくぼーっと眺めてました。
このお庭にある「六芒星」の中心に立つと、パワー貰えるらしいですよ!

本殿では、下半期にご加護がいただけるようお願いしてきましたよ。

で。
ここからは初めての道。
吹雪いてたので、頂上まではお正月には訪れなかったのですよう。

IMG_2798.JPG
奥の院へ続く道

護法魔王尊を祀る光明心殿、金剛寿命院、
博物館になっている霊宝殿...

あれ?
おかしい...そろそろ下ってもいいんじゃないの?
まだ登るの??

と、思ったら、命の水ーーーーーーーー!!!

IMG_2799.JPG
息つぎの水

牛若丸が東光坊から奥の院へ修行に通う途中、この清水を飲んだそうですよ!
うおう。飲むー!!
ワタシもいただくー!!喉渇いたー!!
だって、まだ登るんだもん。

頂上あたりに、
牛若丸が背くらべをしたという石がありまして、
ようやくその辺りから下りになります。

が。

これね、豪雪の中、登ったら間違いなく危険。
遭難する。笑
行かなくて正解でした。
というのも、この水場過ぎたあたりから、土ばっかりになってくるのですよ。
いわゆるコンクリートや石で舗装されてないという道ね。
下りに入ったあたりから、木の根っこと土の道が続くので、
雨の日も滑って危ないかもしれないです。

IMG_2800.JPG
木の根道からの大杉権現

この辺りでも牛若丸は稽古してたらしいですよ。

IMG_2801.JPG
その先に、舗装されたくねくね曲がる急な道があったと思ったら...

義経堂発見。
「遮那王尊」として祀ってあるそうです。

そこからすぐには僧正ガ谷不動堂がありまして...
どうやらここで、牛若丸が鞍馬天狗と出会い、兵法学んだところだそうで。

IMG_2802.JPG
またもや「六芒星」が!!中心に立ってパワー貰おう!!

この先、魔王殿までひたすら山道を歩き続けます。
不安になるくらい木々ばかりになります。笑
でも、ワタシにはそれが気持ち良かったなあ。
山育ちだからですかね。
土って、しっかり踏みしめることができるのに、ふわふわであったかいんですよね。

「どんなに恐ろしい武器を持っても
  たくさんのかわいそうなロボットを操っても
  土から離れては生きられないのよ


またもやシータが呼びかけてきましたよ。ええ。
おしゃれ靴なのに、全然辛くなくて。
土と木のぬくもりを足からしっかり感じてきました。

貴船へ出る、本当にラストの500mくらいにぽつぽつきたんですが、
おい茂る木々の枝にしっかり葉がついている時期だからかもしれないですね。
枝葉に守られたというか...

鞍馬駅に到着したのが11時で、そこから山を降りて貴船に着いたのが15時。笑
4時間、ご飯食べずに歩きっぱなしでしたね。

IMG_2805.JPG
貴船神社前の鳥居

IMG_2807.JPG
本宮につづく参道

貴船神社は水の神様である龍神様の高龗神が祀られてて、心願成就だそうですね。
心願成就だから、心に願うことならきっと何でもOKなのね。笑

中宮は縁結びの神様の磐長姫命で、奥宮は本宮と同じ龍神様。
IMG_2811.JPG
ひとつの根元から2つの大杉が育ったことから「夫婦杉」って。

IMG_2813.JPG
こちらは桂と杉がくっついちゃったパターン。
違う木が一つになったってとても珍しいそうです。

これも縁結びの神様の力なのかしらねー。

ちなみにワタシは奥宮が一番好きです。
okumiya.jpg
お正月に行った時も思ったんだけど、居心地がいい。
落ちつくのです。

本宮は高龗神、奥宮は闇龗神と名前が違うけど、同じ神様とのこと。
居心地がいいのは龍穴があるからなのかも。
龍のねぐら。笑

奥宮の狛犬も、犬よりかどことなく龍っぽい気がするのはワタシだけかな。

IMG_2814.JPG

今回は雪の帽子かぶってなかったです。
こまさん、元気そうでよかった!

また来るよー!って、狛犬ちゃんたちに手を振って、
再び大阪に戻った頃にはもはや18時を回っておりました。
夢中になってるとお腹がすいてたことなんてすっかり忘れちゃうものですね。
新幹線に乗ったとたんにお腹がぐーって。笑

本当なら、チカラなくなって、歩き疲れて、くたくたで...なんだろうけど、
翌朝起きたら、むしろ調子がよくなってたからびっくり。
昔、占いで、
「あなたは山からパワーを貰うので、山の見えることに住みなさい」
って言われたことあったけど、なるほど納得。

ワタシは土や木々からパワー貰うんだなあ。
天狗様が好きなのもそういう理由かもしれない。



女最後の厄年の下半期は
月のように美しく、太陽のように暖かく、大地のように力強くあれますように。


今年も漬けましたー!!

IMG_2753.JPG

梅酒ーーーーーー!!

いや、昨年は多忙すぎて漬けられなかったから、
今年「は」かな。

昨年漬けられなかった分、今年は2瓶。
通常レシピ版と、ワタシレシピ版の2種類。

ワタシレシピってのは、甘さ控えめなヤツです。
※通常レシピに比べると、氷砂糖の量がかなり少ない
出来あがると、ちょっと酸味のあるさっぱりとした梅酒に。

毎年目分量で入れてるし、梅の味も違うから、
その年によって味が全然違うんですよね。
2011年梅酒が個人的ベストな味だったなあ。

まだ2012年、2013年の梅酒が500mlくらいずつ残っているので、
大切に味わいつつ、
楽しみに今年の出来上がり待ちたいと思います☆

あ。
そうそう!!

みなさんは、漬け終えた後の梅の実、食べる派?食べない派??




TITLE  力強い手

世間のお子様がいるお父様、お母様、
ゴールデンウィーク本当にお疲れ様でした!
今日・明日もお休みにして大型連休にしていらっしゃる方もいるのかな?

ワタシといえば、
 ①ゴールデンウィークはどこ行っても混むから出かけない。
 ②もし出かけても無計画でのんびり移動する。
...と、心に決めていたのですが、

祖母が入院したとの話をきいて、こりゃ、行かねば!と。

あと、ついで...ではないですが、
お正月にもお彼岸にも行けなかったので、
父方の祖父母が眠るお墓へお参りにも行ってきました。
※祖母が入院している病院から近い

GW中、唯一がっつり雨マークが付いてた日だったから、
お墓のお掃除大変だなー...と思ったけど、
ワタシがお墓でお掃除している間は、なんとか持ちこたえてくれました!

IMG_2511.JPG

途中でめちゃくちゃ降ってきたんだけど、
空を見上げたら「あの雲のせいだな」って感じだったので、
ちょこっと座って待ってたら案の定やんでくれました♪
その間に色々話ができて良かったし!

IMG_2512.JPG

お花を活けて、手を合わせて帰ろうとした頃、
パラパラと降りだして...
掃除が終わるの、空も待っててくれたんだなーと。
もしくはご先祖様パワーかな。笑

お墓参りを終えた後、母親と合流して、病院へ。

母方の祖母だから、しょっちゅう会えるわけじゃなかったけど、
会う度に、ブラックジョークというか毒舌というか、
核心を突いたストレートなモノ言いが昔から楽しくて大好きな祖母です。
今回も、いきなり「こどもは?」と聴かれて、
「こどもどころか、まだ結婚もしとらんわ!予定もないわ!!笑」って、
入院している老患者に対して、つい自虐ツッコミ入れてしまって、爆笑でした。

肺に水がたまってしまって入院したようなのですが、
ワタシがお見舞いに行った日はもうほぼ治ってて、
「(点滴だけで)ご飯が食べられないのが辛い」と言っていたくらい。
内蔵が元気な人は長生きするんだそうですよ~。
「食」って大事だな、と思いました。

別れ際に「また来るね」と握手をしたのですが、
これが、また、握力強いのなんのって。
痩せてるけど超骨太だし。
やっぱり田畑で仕事していた人は身体も丈夫だわ。

こんだけ食に執着があって握力もあったら、そう簡単には死なないな。
そんなワケで、祖母は至って元気のようです。笑

早く退院できるといいなあ。
寂しいだろうから病院近かったら通いたいところだけど、遠いしな。
近くに住んでる従姉妹夫婦に任せるっきゃないな。ありがとね。




そんなワタシのGWと言えば。
初日に気合い入れて確定申告を終え、←遅すぎる!ww
昨年1年間&4月中旬まで、忙しすぎて全然かまってあげられなかったので、
土に肥料まぜて肥やして植え替えしたり、
枯れちゃったコは根を切って水栽培からスタートさせたり、
ウチのコ(観葉植物)達のお世話をしっかりしてあげました。

IMG_2505.JPG

あと、初めて花を付ける子たちを新規参入させてみました。
元気に根付いてくれるといいなー♫

土いじりはホント癒される。
お世話しているつもりが、お世話されてるのかもしれないな。
祖母から感じたことも、そう。
田畑で仕事して、大地の恵みをしっかりいただいて、だからこその恩恵。
患ってまで長生きしたいわけじゃないけど、
元気に長生きできるのなら、ワタシは生涯女優をやっていたいもの。

『天空の城ラピュタ』のシータの言葉を借りて言うなら、
 「(人は)どんなに恐ろしい武器を持っても
  沢山のかわいそうなロボットを操っても
  土から離れては生きられないのよ

ってことですね。


あ。
『天空の城ラピュタ』観たくなったwwww

1  2  3  4  5

Now Loading...